サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

取り付け前のプライムマー処理

ウェスタンレッドシダーが平衡含水量に達した場合は、取り付けを行う前に、すべての表面にコーティング処理を行うことがお推めです。コーティングの種類は、最終仕上げ剤の種類によって異なります。コーティングは、木材を水の浸透から守り、カビや抽出成分によって発生するシミを防止し、トップコートの耐用年数を引き延ばします。以下のコーティングは現地試験によってその機能性が証明されています(下記の表を参照)。

予め選んだコーティングが目的の仕上げに適しているかどうか、塗装業者にご確認ください。例えば、最終的に使用する仕上げ剤が漂白オイルの場合、透明な撥水剤を使用することはできないことがあります。

ウェスタンレッドシダー外壁材のおすすめのプライム処理手順

仕上げコート剤の種類おすすめのプライマー剤
ナチュラルと半透明のステインステインを全面に塗布
ソリッド(塗りつぶし)ステインと塗料全面をアルキド油の汚れ防止プライマーでコーティングします。または、外壁材の裏側に透明な撥水剤を使用し、表面および端部にプライマーを使用します
漂白オイル全面に漂白オイルのコーティングを施します

熱間浸漬亜鉛メッキ、アルミニウム、ステンレス鋼の釘はすべて耐腐食性があるため、ウエスタンレッドシダーに使用することができます。他の種類の釘は、錆びて腐敗してまうことで、ウェスタンレッドシダーに存在する防腐剤と反応して、汚れやムラを生じさせるため、お勧めしません。銅の釘もウェスタンレッドシダーの防腐剤に反応するため、使用しないでください。特に外壁材を透明なステインで仕上げる場合には、ステンレス鋼の釘が最適です。一般の外壁材にはステンレスNo.304、ビーチ用にはNo.316を使用してください。

種類、サイズ、間隔

最良の結果を得るためには、外壁材用の割れ防止釘を使用してください。これは割れを軽減するために釘の柄が細く、先が尖っていません。より強力なものとしては、リングねじまたはスパイラルねじの柄の釘がおすすめです。仕上げ時に釘の跡を目立たなくするためには、光沢のある釘を使用することもできます。(釘の種類については、右の図を参照してください)Fasteners for Buiding With Cedar

釘の使用には十分ご注意ください。釘打ちが多いと、木材を歪ませ、割れを引き起こす原因にもなります。角、端付近、および端の近くでは、割れを避けるために釘穴をあらかじめ開けておく必要があります。
使用する釘の大きさは、外壁材の種類と厚さによって異なります。最適な方法は、シースや断熱材などの下地材に、少なくとも1-1 / 4インチ(32mm)まで貫通する長さの釘を使用することです。
サイディングは各スタッドまたは下地用材に固定してください。釘は中央に最大24インチ(61cm)間隔で配置しますが、釘の配置は外壁材のパターンと幅によって異なります。空気中の湿気により外壁材が動いてしまわないようにしっかりと固定することが鍵で、外壁材の各部分はそれぞれ釘打ちが必要です。

重要ポイント:重なり合う木片を一緒に釘付けすると、各木片の自然な動きが制限され、割れが発生します。

おすすめの釘の最小の長さ

サイディングの種類厚さ(インチ)幅(mm)釘のサイズ
ベベル1/2以下13 mm以下2 (6d)
5/816 mm2 (6d)
3/419 mm2-1/4 (7d)
7/8以上22 mm 以上3 (10d)
板、T&G、チャンネル5/816 mm2 (6d)
3/419 mm2 (6d)
7/822 mm2-1/4 (7d)
バテン3/419 mm3 (10d)

壁の建設

すべてのサイディング素材と同様、ウエスタンレッドシダーは適切な枠に適切に取り付けられることで、最高のパフォーマンスを発揮します。シーダーサイディングは、枠部材、下地用部材、または枠部材間のブロックに確実に釘付けしなければいけません。以下の表に、木材のサイズ、ブロック、サッシの間隔が示されています。

スタッド壁

スタッド壁は、一般的に水平のサイディング取り付けのための特別な準備を必要としません。サイディングは、木質部の上に使用する場合、スタッドから最大24 “(61cm)の間隔で、木質部なしで使用する場合は16″(41cm)の間隔で釘付けします。サイディングと外装の間にスペースが必要な場所では、サッシにサイディングを釘付けします。

スタッド壁に垂直のサイディングを取り付ける場合、水平ブロックラインまたは添え木が必要です。木質部の上に使用する場合、垂直のサイディングは、面取り後中心部で36インチ(91cm)、ブラインドでは中心部に32インチ(81cm)を超えない水平ブロックまたは他の木枠材に釘付けが必要です。木質部なしで取り付ける場合、垂直のサイディングは、24インチ(61mm)の幅で木枠またはブロック部材に釘打ちが必要です。

石積みの壁

石積みの壁には、水平および垂直のサイディングの取り付けにはサッシが必要です。サッシの厚さは、木材に1-1 / 2 “(38mm)の釘打ちができるだけの余裕が必要です。

木材の大きさとブロックおよび窓枠の間隔*

木材の最小寸法 (インチ)木材の最小寸法 (mm)最大中央スペース (インチ)最大中央スペース (cm)
ブロック2 x 251 x 512461
シースのサッシ1 x 225 x 512461
石積みの壁のサッシ2 x 251 x 512461

硬質フォーム外装

硬質フォーム外装サイディングの適用

硬質ウレタンフォーム外装は、伝統的な木材および合板の外装よりも優れた断熱性を備えています。しかし、釘をほとんどまたはまったく打ち付けられないため、シーダーサイディングの釘打ちのベースとして硬質ウレタンフォーム外装を使用することは推奨されません。硬質ウレタンフォームや他の外装製品を使用した場合に最良の結果を得るには、釘の種類、位置、貫通力、間隔などの推奨事項に従ってください。サイディングとウレタンフォーム外装システムの釘の推奨の長さについては下の表をご覧ください。

Rigid Foam Sheathingウレタンフォームの外装パネルは透湿性はそれぞれですが、一般的には良質の防湿壁とされていますが、内装仕上げまたはホイルで裏打ちされた石膏ボードの内側に蒸気防止フィルムを使用する必要があります。硬質ウレタンフォーム外装は、サイディングの裏側に水分が蓄積し、汚れ、ねじれおよび仕上げ塗料の損傷を引き起こす可能性があります。シダーのサイディングを硬質ウレタンフォームの外装に使用した場合に起こりうる問題を最小限に抑えるには、次の推奨事項をご参照ください。

  • 8インチ(203mm)以下の幅のサイディングパターンを使用します。幅の狭いサイディングは、より薄くて幅広いものよりも安定しています。
  • 硬質ウレタンフォームの外装の上に、最も安定した窯乾燥済みのサイディングを使用します。
  • 事前の適切な仕上げは不可欠です。サイディングを取り付ける前に、本書に記載されているプラ​​イマーに関する推奨事項に従ってください。
  • 熱の反射を最大限にし、寸法の変化を減らすために、薄い色の仕上げコート剤を使用します。
  • 過酷な気候においては、サイディングを取り付ける前に、サッシを固定することによって、サイディングと硬質ウレタンフォームシースの間に空気のスペースを作り出すことができます(壁の構造を参照)。空気のスペースにより、蓄積された水分の排出が促進されます。
  • すべての場合において、建築用防水紙またはそれに相当する建物のシートをウレタンフォーム外壁の上に使用することをお勧めします。

ウレタンフォームシースのサイディングに推奨される最小の釘の長さ

サイディングと木質部の厚さ釘の長さ
インチミリメートル
1/2″ (13 mm) サイディングと1/2″ (13 mm) フォームシース2-1/457 mm
1/2″ (13 mm) 幅のサイディングと3/4″ (19 mm) 幅のフォームシース2-1/264 mm
1/2″ (13mm)幅のサイディング と1″ (25mm) 幅のフォームシース376 mm
5/8″ (16mm) または3/4″ (19mm)幅のサイディングと 1/2″ (13mm)幅のフォームシース2-1/264 mm
5/8″ (16mm) または3/4″ (19mm)幅のサイディングと1″ (25mm) 幅のフォームシース376 mm

湿気

湿気をコントロールする

洗濯機、乾燥機、シャワー、キッチンなどの高湿の場所は、今日のエネルギー効率の良い構造と相まって、屋内の水蒸気の蓄積を招きます。この蒸気は、暖かい屋内から寒い屋外へと建物の布地を通って移動し、それが水に凝縮すると、サイディングおよび仕上げに構造的損傷を引き起こすことがあります。

壁の暖かい側に蒸気の壁を設置することで、水蒸気の移動の大部分を防ぐことができますが、残留した蒸気は屋外に排出されなければいけないという欠点があります。シースの外面に建築用防水紙を設置することにより、雨や雪の壁への浸透を防ぎ、水蒸気の排出を可能にします。

適切な壁構造には、 DuPont™Tyvek®DrainWrap™(上の図を参照)などの気体透過性の紙や蒸気障壁が使用されます。これらは湿気の問題を防ぐのに非常に有効です。 DuPont™Tyvek®DrainWrap™は、排水を最大限にする必要とする場所において建物排水システムと天候障壁の役割を果たします

地面からの高さ

サイディングの最下端は地面から少なくとも15㎝離し、垂直のサイディングの底に撥水剤を塗布してください。

コーキング

接合部、サイディングの開口部またはトリムに接触する場所を含む、すべての接続部には徹底的にコーキングを使用することがお勧めです。ポリウレタンなどの硬化しないコーキング材のみを使用してください。純粋なシリコンのコーキングは、シダーにはうまく機能しないため、推奨されません。

このページの取り付けセクションに記載されているサイディングオーバーラップに関する推奨事項を怠らないで下さい。それらを怠ると、風に吹かれてサイディングに当たる水による損傷が生じることがあります。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。