サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

フラッシングの取り付け

フラッシングの取り付け

サイディングを取り付ける前に、壁や屋根の空間に水分が入らないようにフラッシングが取り付けられていることを確認してください。フラッシングは、壁の組み立てにおいて水分を制御する際の重要な防御壁です。フラッシングの使用により、建物からの水の流れを遮断し、設計された排水経路に導きます。すべての壁の貫通部(つまり、すべての窓およびドア)の上から、素材または素材の方向の変更箇所(つまり、水テーブル、帯板または代替素材への切り替え部)に水平フラッシングを取り付けます。フラッシングは、水が壁から排出されるように下向きに傾けてください。サイディングまたはトリムは、フラッシングの端から1/4インチ上に設置する必要があります。フラッシングやトリム、他の素材が結合する箇所にはチョーキングを使用しないでください。フラッシングの代わりにチョーキングを使用することはできませんのでご注意ください。

ドアおよび窓のフラッシング

Cedar Siding Flashing Installation Illustration窓やドアのヘッダーにフラッシングを取り付ける目的は、サイディングの背面の水を妨害して外側に排水し、壁面を流れる水の流れを壁の開口部から遠ざけるように変更することです。

次の状況の結果、水分がサイディングの背面に蓄積することがあります。

  • サイディングへの雨の浸透
  • 水蒸気の拡散
  • 屋内からの湿気や凝縮物の漏れ

水分はサイディングの各部分の底にある水抜き穴を介して排出されます。窓の厚さの外に水をさらに外側に排出するために、窓/ドアの上部に追加のヘッドトリムフラッシングが必要となります

スカートおよび帯板

Skirtboard and Bandboard Illustration

フェイシアフラッシング

シングルの縁を支え、水がシングルの下を通り抜けてファシアやソーフィアに沿って戻るのを防ぐためのドリップエッジを作り出すためにファシアフラッシングが取り付けられます。

Fascia Flashing Illustration

シングル屋根の最初の板の下には、あらかじめ形成された軒先のフラッシング/ドリップエッジを設置し、フラッシングの延長部分がシングルの縁を支えます。雨樋を使用する場合は、フラッシングの縁より雨樋に排水されます。ファシアフラッシングは、ソーフィットとファシアボードの両者を保護し、下端にドリップエッジを作り出し、建物から水を遠ざけます。

コーキングの使用法

Applying Caulking Illustration水の侵入にさらされる危険性のある窓、ドア、コーナーおよびその他の外部接合部は、高性能アクリルラテックス、アクリル、アクリルシリコーン、ポリウレタン、ポリスルフィド、またはターポリマーゴムコーキングまたはシーラントを使用して保護します。純粋なシリコーンと透明なコーキングはウェスタンレッドシダーにはうまく機能しないため、推奨されません。コーキングは永続的な解決策ではなく、定期的なメンテナンスが必要です。コーキングは、点検することなく放置されると、はがれ、水が溜まり、深刻な水に関する問題を引き起こしかねません。コーキングを水分浸透の唯一の障壁としないようにしてください。水分が壁の穴を介して排出されるのを妨害する場所(例えば、窓の下やフラッシングの周囲)にはコーキングを使用しないようにしてください。

屋根と地面からの距離

 

屋根裏(部屋そのものでなく)にある採光窓、屋根、2階など)まで延びるサイディングやトリム、デッキは、ウィッキングを避けるために最低5cmの隙間が必要です。水切り板やスカートボードなどのトリムは、最低15cm以上必要です。

留め具に関する推奨事項

Recommended Fasteners for Building With Cedar 熱間浸漬亜鉛メッキ、アルミニウムおよびステンレススティールの留め具はすべて耐食性があり、ウェスタンレッドシダーに使用することができます。他の種類の釘は、錆びて腐食し、シダーの中に存在する天然の防腐剤と反応して汚れやすじを生じさせることがあるため、お勧めしません。銅の釘もシダーと反応しますので、ご使用はお避けください。トリムボードを透明または半透明のステインで仕上げる場合は、ステンレス鋼の釘が最適です。一般用途には304番ステンレス、海岸には316番をご使用ください。

最良の結果を得るには、サイディング設置用に設計されたスプリットレス留め具を使用してください。この種類の釘は、細いシャンクと鈍い先端で、リングまたはスパイラルシャンクに利用可能です。留め具の長さは、木材に1/2 “(38 mm)貫通するだけの長さが必要です。

コーナーおよび接合部の取り付け

コーナーおよび接合部の取り付け

Corner and Field Joint Cedar Siding Installation Diagram

屋外のコーナーへの使用方法には主に2種類があります。その選択は、主に外観だけでなく、施工者の経験とスキルにもよります。留め継ぎ仕様のコーナーはプロの仕上がりになります。留め継ぎは、ベベルのような水平に使用されるサイディングに最も一般的に使用されます。留め継ぎ仕様のコーナーには、高い木工技術が必要で、留め継ぎにしっかりと収めることが重要です。

コーナーボードは、留め継ぎコーナーに一般的な、より便利な代替品です。コーナーボードの厚さはサイディングの厚さによって異なります。最も一般的なのは3/4インチまたは1-1 / 4インチの厚さです。幅はスタイルと適切な比率によります。コーナーボードをサイディングがボードの狭いエッジにしっかりと合うようにシースに取り付けることで、拡張を可能にし、適切なコーキングビーズの使用が可能になります。コーナーボードとサイディングの端は、手入れ不要の接合部に木材を固定する、コーナースタッドにより釘付けされます。軒のある屋根の設計により、コーナーを風化から保護することで、接合部を保護することができます。端の切目には、常にプライマーまたはステインを使用してください。コーナーボードの使用については、ここでご紹介したようにサイディングの横またはサイディングの上に使用することができます。

上の図のように、屋内のコーナーでは、サイディングの端にはよく2 x 2のトリムストリップが使用されます。接合部を覆うトリムストリップを使用して、隣接する壁に突き合わせることもできます。

フィールド接合部

突き合わせ接合サイディングの場合、端を45度の角度で切断し、重なり合う接合部を作ります。これは垂直設置の際、特に重要です。接合部がスタッドで接合することを確認し、釘が少なくとも1-1 / 4インチ貫通した状態でサッシを取り付けてください。

取り付け業者は、お客様に喜んでいただき、お客様からの苦情を減らすために、最善の方法で対応しましょう。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。