サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

自然風化

ウェスタンレッドシダーをデッキやサイディング製品に使用する場合は、仕上げを施さずに風化させることで魅力的な状態になります。

この方法が選ばれる理由は次の通りです。

  1. 自然に風化したウェスタンレッドシダーのシルバーグレーの外観のため
  2. シダー製品の仕上げの維持に必要な時間と労力に投資しないため
  3. 例えば非常に高層ビルのサイディングなど、メンテナンスが困難で、ウェスタンレッドシダーのプロジェクトの仕上げの維持が難しい場合
  4. ウェスタンレッドシダーに仕上げを施した場合の環境への影響への配慮

これらはすべて考えられる懸念ですが、実際にWestern Red Cedar sidingおよびデッキは良好な設計、設置、および保守が実施される限り、多くの環境において、仕上げ塗装を使用しなくても長持ちします。

シダー製品に仕上げを施さないという選択には、長期的な影響があることを理解することが重要です。自然の風化が始まる前に、この選択を事前に検討する必要があります。ウェスタンレッドシダーが風化すると、自然な色が失われて灰色に変化します。非常に乾燥した気候では、シルバーグレーに変色しますが、他のほとんどの気候では湿気や日光条件が変化し、ウェスタンレッドシダーの風化が一様でないため、濃く、汚れたグレーの外観になる傾向があります。

風化したシダーを修復して塗装やステインを施せる状態にするには、コーティングに適した木材の表面の状態にすることにかなり多くの努力が必要となるでしょう。均一なグレーの外観が求められる場合、商業的に調製された漂白オイルまたはグレーの耐候性染料によってこの色が得られます。これにより、ラフなシダーに最も効果的な顔料および他の添加物を含有する撥水性仕上げが施されます。この外観を維持するためには、漂白ステインを定期的に塗布し続ける必要があることもあります。

自然な風化の効果は、通常、シダーの内面には大きな変化はなく、「木肌の表面」(1~2mm未満)のみに効果があり、プロジェクトの設計、シダーの設置、定期的な手入れに特別な注意が必要です。湿気の侵入に対するコーティングによる保護がないため(特に木目のシーリング)、ウェスタンレッドシダーが湿気にさらされた後に容易に乾燥するように、取り付けプロセス中に手を打つ必要があり、それが行われない場合には、腐食のリスクが増加します。

外装用に使用されるシダー製品はすべて、最高の状態を保持するために一定の手入れが必要です。ウェスタンレッドシダーに仕上げをしない場合でも、美しく自然な外観を維持するには、汚れやカビなどの汚染物質を定期的に除去することが必要です。

ウェスタンレッドシダーのサイディングおよびデッキは、ウェスタンレッドシダーの環境製品宣言において建築アプリケーションの代替製品の中で最も環境に優しいことが示されています。塗料、特に溶媒を含む仕上げ剤およびその頻繁な使用は、シーダーサイディングおよびデッキのLCAに悪影響を与えます。この影響が、仕上げ材の使用の決定に影響を与えることがあります。幸運なことに、次世代の、より環境にやさしい水系コーティングが登場しており、これらの製品の使用も考えられます。

1ライフサイクルアセスメント(LCA)は、製品の生涯における環境性能の評価に使用されます。

不透明仕上げ

プライマー

ウェスタンレッドシダーには、魅力的な色、抜群の安定性、自然腐食に対する耐久性のある水溶性抽出物が含まれています。しかし、これらの抽出物の排出の抑制用に特別に配合されたプライマーコートを使用しないと、シダーの抽出物がラテックス塗料およびソリッド(塗りつぶし)ステインを変色させることがあります。これらの汚れ防止プライマーには、アルキド油および水ベースの配合物があり、アルキド油ベースのプライマーは、通常、水溶性抽出物による変色を最も抑制します。

容器のラベルに、そのコーティングがウェスタンレッドシダー用の汚れ防止プライマーとしての使用に推奨されているかどうかが表示されています。

塗料

塗料は、色をもたらすと共に、木材の特性を保護し、水による風化および湿潤から表面を保護するのに最も優れています。ただし、塗料により木材の水分吸収を減らすことはできますが、塗料自体は防腐剤ではありません。ウェスタンレッドシダーには、水性塗料、アクリル(ラテックス)、アクリルエナメル、溶剤系塗料(アルキドおよびオイル変性)など、全種類の塗料が利用できます。しかし、試験結果によると、良質のラテックス塗料は、湿潤および乾燥状態において、木材の寸法変化に影響を受けず、機械的接着を維持することが示されています。このことから、屋外の風化に長期間さらされる場合、一般に、弾力性のない仕上げよりも、高い弾性のある仕上げが接着性を維持することがわかります。

ソリッド(塗りつぶし)ステイン

ソリッド(塗りつぶし)ステインは塗料よりも固形分が少ない透明性のない仕上げ剤です。ソリッド(塗りつぶし)ステインは塗料のように、紫外線劣化と湿気からウェスタンレッドシダーを保護します。ステインにより木の本来の色が見えなくなりますが、シダーの自然な特徴と質感の一部を生かす、広い範囲の色合いがあります。これらの仕上げ剤は浸透性がなく、塗料のようにフィルムを形成します。ソリッド(塗りつぶし)ステインを塗布する前に、まず汚れ防止プライマーを塗布する必要があります。ソリッド(塗りつぶし)ステインには、ラテックスまたは油性配合物があり、ソリッド(塗りつぶし)ステインは、木目を露出するように作られています。これらは半固体のステインとして知られており、木の外観に対しては単色と半透明の間の効果があります。

自然な仕上げ

ウェスタンレッドシダーのユーザーには、自然な色と外観を維持する仕上げがよく好まれます。屋外にさらされているウェスタンレッドシダーの自然な外観を維持するためには、定期的な手入れが必要です。以下の製品は、シダーの自然の美しさを維持しながら、風化に対する様々なレベルの保護を施します。

透明のステイン

透明のステインはシダーの外観を変えることなく、わずかに木の色(色調)を変えます。透明なステインは、半透明のステインと組成が似ていますが、少量の顔料を含んでいます。透明のステインには、真菌の原因となるカビおよび腐敗の成長を抑制する殺菌剤が含まれており、木材の耐久性をさらに高めます。水系および溶媒系製剤がありますが、無着色または薄く着色された仕上げ剤の、太陽の紫外線および水分に関連する損傷に対する木材への保護力は限られています。そのため、補修が頻繁に必要となります。しかし、透明のステインは最小限の表面の準備で再仕上げをすることができます。

半透明のステイン

溶剤系の油性の浸透性のある半透明のステインは、表面に浸透し、多孔質であり、塗料のように表面膜を形成しません。この仕上げ剤は、自然な外観が求められる場合、完全に外気にさらされているウェスタンレッドシダーにとって最良の選択肢です。このステインは、表面が滑らかなもの、ラフなものどちらにも使用できますが、ラフな表面に使用されることで、より優れた耐久性を発揮します。このステインには、シダーの色合いを含む色の顔料が含まれており、太陽の紫外線の有害な影響からシダー表面をある程度保護することによって、仕上げ剤の耐久性を大幅に高めます。サイディング用途における寿命は、シダー表面のテキスチャ、使用されるステインの量、および木材の表面上の日光の強度によりますが、3年〜6年です。

ラテックスの半透明のステインの外観は、溶媒系のステインのものと似ていますが、浸透性の少ないフィルムの形成によってその外観となります。このフィルムは、溶剤系のステインと同等の耐久力を発揮するほどの厚さではなく、木材表面から剥離し、劣化する傾向があります。ラテックスの半透明ステインでコーティングされたシダーの再仕上げには、より多くの表面処理が必要な場合があります。現在、多くのステイン製造業者がシダーに浸透する水系のステインの開発に力を入れています。しかし、これまでのところ、伝統的な油性の溶剤系のステインの特性に届くほどの革新的な結果は見られていません。ますます厳しくなる環境基準により、溶剤系ステインの利用が低下する中、進行中の研究では、シダー用の浸透性のある半透明の侵食性ラテックスステイン仕上げ剤が近々手に入るようになることが示されています。

注意: ラッカー、シェラック、ウレタン、ワニスなどの透明で非柔軟性のフィルム加工用仕上げ剤は、紫外線が透明フィルムを貫通して木材を損傷する可能性があるため、ウェスタンレッドシダーの外装用途には推奨されません。コーティングの数にかかわらず、仕上げは最終的に脆くなり、コーティングフィルムに亀裂が入り、それから破損してしまいます。

表面処理

耐久性のある長期的な外装仕上げには、適切な表面処理が不可欠です。時期尚早の外部コーティングによる損傷は、そのほとんどが不十分な表面処理によるものです。

  • 仕上げコート接着不良
  • 表面の変色
  • 仕上げフィルムの均一性(光沢、色および表面隠蔽)の欠如
  • 耐食性の欠如

表面準備ではまず、表面を確認し、必要な修理を行います。表面の、汚れ、カビおよび剥がれかけている部分を取り除きます。

塗料およびソリッド(塗りつぶし)ステイン

外壁のウェスタンレッドシダーの表面は、古いコーティングが薄くなり、もはや木材保護の役割を果たさなくなった場合にのみ、再仕上げが必要となります。塗料またはソリッド(塗りつぶし)のサイディングやトリムの再仕上げには、例えば、古い仕上げにひどいひび割れがある場合、またははがれがある場合、古いフィルムの除去が必要となる場合があります。これを取り除くには様々な手順がありますが、そのすべてが困難で時間がかかり、高価なプロセスになることがあり、木材に損傷を与えるものもあります。例えば、ウェスタンレッドシダーからコーティングを除去する際、木材表面の繊維に深刻なダメージを与え、次の仕上げが適切に付着しにくくなるため、パワー洗浄は使用できません。

不透明仕上げ剤を使用した仕上げ

塗料やソリッド(塗りつぶし)ステインで仕上げられたウェスタンレッドシダーは、同じ種類の仕上げで再仕上げをするのが1番です。時に別の仕上げが使用されることもありますが、古いラテックスコーティングは常にラテックスコーティングで仕上げ、決してオイルコーティングで再仕上げしてはいけません。古いオイルベースの仕上げの場合、まず古いオイルベースの仕上げを適切に清掃し、先にプライマーコートを使用する場合に限り、ラテックス仕上げで再仕上げをすることができます。新しい仕上げフィルムの最適な効果を得るには、表面仕上げと再仕上げ前の清掃が不可欠です。

古い表面を再仕上げするには、最初にすべての剥がれかけている表面、ひび割れまたは剥がれかけている仕上げを削り取ります。木肌と残っている仕上げを磨き、表面を滑らかにします。ウェスタンレッドシダーを再仕上げする前に、カビが新しい塗料コートまたはソリッド(塗りつぶし)ステインの上に発生してしまう前に、カビを殺して除去します。カビは、市販のカビ除去剤または液体家庭用(酸素ベース)漂白剤の希釈溶液で除去し、清潔な水で完全に洗い流します。準備ができたら、硬い毛(ワイヤではない)のブラシと水で表面をこすり、清潔な水で洗い流してください。再仕上げを施す前に洗浄された表面を乾燥させ、プライマー塗料を木肌部分に塗布します。プライマーが乾燥したら、「延期または無色の染色を1〜2層塗布します。木肌に下塗りするよりも、トップコートを2回塗布する方がよい結果が得られます。

再仕上げの清掃、半透明のステインおよび漂白用オイル

オイル系の仕上げ剤や撥水防腐剤は、硬い毛(非金属)のブラシと水で古い表面を簡単に清掃し、その後に新しい仕上げ剤を施すことによって再仕上げします。場合によっては、洗剤で軽く洗い流し、続いて水で洗い流すことも可能です。よりひどいケースでは、カビクリーナーを使用しなければならない場合もあります。防水性の防腐剤による二層目のコーティングは、木材の風化により開いた小さな割れに浸透し、より大量に塗布されるため、最初のコーティングより長持ちします。表面が粗いほど、より大量の仕上げ剤を施すことになり、仕上げがより長持ちします。半透明の油性浸透性のステインは再仕上が比較的簡単です。通常、削り取りや研磨はあまり必要ありません。硬い毛(非金属)のブラシを使用して、表面の汚れ、ほこり、剥がれかけている部分をすべて取り除くだけです。カビの汚染を防ぐために適切な清掃を行った後、新しいステインを塗布してください。浸透したステインの二層目のフィルムは、小さな表面の割れに浸透し、より大量に塗布されるため、最初のコーティングより長持ちします。ウェスタンレッドシダーの清掃にはスチールウールとワイヤブラシは決して使用しないでください。金属堆積物が、シダーに天然に存在する化学物質と反応して、表面に濃い青黒色の汚れを生じさせる可能性があります。耐候性のステインおよび漂白オイルは、半透明のオイルベースの浸透性のステインと同じ方法で仕上げます。半透明のラテックスのステインは、非常に薄い塗料のように機能し、塗り直す前に、より広範な表面の準備(削り取り、研磨など)が必要な場合があります。頻繁に塗布して、フィルムが厚くなりすぎないようにしてください。製造元の指示に従ってください。

ウェスタンレッドシダー

未塗装の、風化したウェスタンレッドシダーのサイディングまたはトリムは、クリーナー、光沢剤または復元剤と呼ばれる商品を塗布することによって、しばしば元の色に復元することができます。主にデッキなどの水平な木材表面を修復するのが目的ですが、これらの製品は一般に垂直面でもほぼ同様に機能します。製品の中には、垂直表面に対して液体をよりよく密着させるための増粘剤を配合しているものもあります。

塗布

ウェスタンレッドシダーの仕上げの塗布は、仕上げ剤と基材の組み合わせの選択と同時に耐久性と最適な性能を維持するために大切です。仕上げは、刷毛塗り、ロール塗り、スプレー塗りまたは浸漬により塗布することができます。使用される技術、仕上げ剤の質および量、基材の表面の状態、および塗布時の気象条件が、仕上げの平均寿命に影響します。ここに示されている塗布のガイドラインは、製造元による製品の準備および塗布の際の推奨事項と合わせてご利用ください。

仕上げ剤およびクリーナーは、接触、摂取または吸入による健康障害を引き起こす可能性のある化学物質です。製品を購入前に、製造元の使用上の説明と注意書きをよくお読みください。

塗料とステイン

上記の表面処理を終了後、塗料の寿命を最大にするための次のステップに従ってください。

  1. 表面処理後、および木材の含水率が20%以下の場合は、できるだけ早く、製造元が推奨する量の良質のブロッキングプライマーを塗布してください。プライマーコートは、後に続くすべての塗料のベースとなるため、上塗りが油性であるかラテックスベースであるかにかかわらず必要であり、非常に重要です。サイディングを取り付ける前に表面、裏面、先端にプライマーを塗布するのが1番です。サイディングの裏側または壁側にプライマーを塗布することは、しばしば「バックプライミング」と呼ばれます。この方法は、カッピングを防止し、塗料を長持ちさせるのに役立ちます。
  2. プライマーの上にトップコートを塗布します。コーティングを塗布するには刷毛塗りが最も効果的な方法であると考えられています。トップコーティングを2層使用する場合は、2層目のコーティングを塗布する前に、製造者によって推奨されている期間、乾燥させてください。寒い日や湿気の多い天候の場合は、コーティング間に余分な乾燥時間を取ってください。

ソリッド(塗りつぶし)ステイン

ソリッド(塗りつぶし)ステインは、刷毛塗り、ロール塗り、パッドにより塗布しますが、通常は刷毛塗りが最適です。ソリッド(塗りつぶし)ステインには塗料と同様の機能があり、塗料と同じ様に塗布します。新しい木材の場合、ソリッド(塗りつぶし)ステインのコーティングでも十分です。トップコートを使用したプライムコーティングにより、木材を保護し、長持ちさせることができます。

木材は、下塗りされ、次に2層のステインコーティングを施すことにより、最適な性能が得られます。アクリルラテックスのソリッド(塗りつぶし)ステインのトップコートは、特にプライマー上に2層のコーティングが塗布された場合、一般的に他のものより優れた結果となります。ソリッド(塗りつぶし)ステインは、塗料とは異なり、塗装ムラが残ることがあります。塗装ムラを防ぐためには、半透明の浸透した染色の手順に従ってください。

半透明のステイン

半透明のステインは、刷毛塗り、スプレー塗り、パッド、ローラー塗りなどが可能です。通常、刷毛塗りの場合、浸透性と性能が高まりす。スプレーまたはローラーで塗布した後にバックブラシを行うことも可能です。油性のステインは一般的に薄く垂れやすいので、処理が面倒な場合があります。

塗装ムラは、長く連続的に塗布することによって防ぐことができます。これにより、塗り終わる場所に達する前に、染色された部分の縁が乾燥するのを防ぎます。日陰で作業すると、乾燥速度が遅くなるので、より良い結果となります。スプレーによって塗布されたステインは、バックブラシが施されずに風化すると、まだら模様になりがちです。

ラフなウェスタンレッドシダーに2層のオイルベースのステインを浸透させると、1層の場合より長持ちしますが、これは木材に2層目のコーティングが浸透する場合のにみ可能です。沈殿や色の変化を防ぐために、塗布中はステインをよく混ぜてください。異なるブランドのものや缶を混ぜて使用しないでください。

ラテックスの半透明のステインは木材の表面には浸透しませんが、塗布が容易で塗布ムラになりにくい特徴があります。ラテックスの半透明のステインはフィルムを形成し、油性のステインほどの耐久性がないことがあります。

仕上げが施される木材の表面の状態により、仕上げの性能および寿命に実質的に影響が出ます。

新しい(風化してない)ウェスタンレッドシダー

新しいシダーのサイディングとトリムは、建設前、中、後の天候に対する保護が必要です。木材が2週間以上風化しておらず、きれいで乾燥している場合、広範な表面処理を行う必要はめったにありません。水分含有量は、予防措置として常にチェックし、含水率が20%を超えないようにします。木材が汚れ、油などの異物で汚染されている場合は、汚染物質を除去する必要があります。

表面から汚れを洗い流してください(クリーニングと変色のセクションを参照)。滑らかで平らなシダーの場合、ある種の表面処理が必要な場合もあります。平らな柾目の木材の場合、表面を50〜60番のサンドペーパーで研磨します。これにより、コーティングの性能が大幅に向上しますが、滑らかな外観が損なわれることはありません。クリーンなラフ面のシダーには、表面処理は不要です。

ウェスタンレッドシダーの風化

シーダーサイディングおよびトリムの表面は、屋外に2週間以上さらされた場合、塗装に適しない劣化した状態になっている可能性があります。仕上げを施す前に、サンディング、ブラッシング(鉄以外のワイヤーブラシ)、洗浄により表面を準備することをお勧めします。

工場仕上げ

最適な性能を得るために、WRCLAは、ウェスタンレッドシダーの出荷前の事前プライマー加工または事前仕上げを推奨しています。工場でのプライマー加工は、その名前が示すように、機械コーティングプロセスで各板の6面すべてにコーティングを塗布する工業的な環境で行われます。次いで、プライマー加工されたサイディングとトリムボードは、作業現場に出荷される前に乾燥されます。作業現場に配達された、処理済みのサイディングやトリムボードは、設置まで乾燥した状態での保管が重要です。現場で切断した場合は、その切断面を取り付け前にプライマーで再びシーリングする必要があります。大部分のプライマーは自然風化状態での90日間以上の露出に対する保護にはならないため、トップコーティングはできるだけ迅速に完了させる必要があります。

工場仕上げ加工は上記の工程と同様ですが、建築家/住宅所有者の好みの量、色合いのアクリルラテックス塗料、ソリッド(塗りつぶし)ステインまたは自然なステインのトップコートを1層または2層追加することができます。工場仕上げ加工のサイディングの取り付け中には、周囲の木材やコーティングを損傷しないように、釘を貫通させないことが重要です。貫通した釘は、特別に設計された外壁用の木用パテを窪みに充填することによって直ちに修復してください。

トップコートを汚さないように注意しながら、修復箇所や切断箇所をタッチアップください。工場プライマー加工/仕上げ加工が適切に行われた場合、加工済みのシダーには次の利点があります。

  • 各木材の6つの面(表、裏、先端)上のプライマー/ステインの推奨範囲における均一なコーティング
  • 仕上げの適切な乾燥を可能にするコントロールされた環境
  • 日光への露出(UV劣化)やカビ、汚れによる表面の汚染から保護するコーティング加工された木材
  • 取り付け後の塗布ムラ、スジ、垂れの排除
  • 1年中いつでも製品を取り付け可能
  • コーティングの保証が付いた製品

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。