ウエスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

サイディング(外壁)を決める際には、見た目、価値、耐久性、多様性、環境に優しいかなど、考慮すべき要素が多くあります。これらの要素で高い評価を自称する素材の多くが、プラスチックの合成素材でできたまがい物です。ですが、多くの専門家は、レッドシダーと比較すると合成素材は見劣りすると言います。その理由については、次のとおりです。

そのままで美しい

ウエスタンレッドシダーのサイディング(外壁)は、その暖かさと美しさで、家の格を一気に押し上げます。プラスチックの代用品ではそれを作り出すことはできません。一度試してみることで、化学実験室では作れない、その天然木の外観、感触、香りを実感することができるでしょう。一方で、合成素材はウエスタンレッドシダーと比べると安価な素材に見えがちです。ですが実際に市場では、合成素材の方がウエスタンレッドシダーよりも高価なものとして扱われています。

 

永遠に続く美しさ

ウエスタンレッドシダーは、腐敗や害虫に対する天然な耐性があります。これにより、信じられないほど手入れが少なくて済みます。一方で「低メンテナンス」と言われる複合材料は、カビなどに対する自然の防御力を持たないため、より手入れが必要となります。同じく、プラスチックの代用品は、日光による退色の影響を受けやすく、ウエスタンレッドシダーと異なり、複合材料は色が退色してしまうと修復は不可能です。そのため、時が経つほどに味わいが深まるサイディング(外壁)であれば、ウエスタンレッドシダーがお勧めです。

 

環境に優しい選択

サイディング(外壁)に選ぶ素材が、環境にどのような影響を与えるかについて考えたことはありますか?ウエスタンレッドシダーを使うことは、世界でも持続可能な建築木材を使用していることになります。ウエスタンレッドシダーは、温室効果ガス、大気汚染、水質汚染、固形廃棄物を最小限に抑えます。またそれだけでなく、ウエスタンレッドシダーの木材は、世界で最も持続的に管理されている森林から伐採されているので、安心してお使いいただけます。

豊富な選択肢

ウエスタンレッドシダーにはヤニが含まれていません。そのため、ステイン、オイル、仕上げ剤など様々な塗料をお使いいただけます。これによりサイディング(外壁)の仕上げの色の選択肢は無限です。また、スタイルの選択肢も同様にたくさんあります。たとえば、ベベルサイディングのような暖かい古き良きな雰囲気を出したり、滑らかなT&Gサイディングで家の外観をスムーズに仕上げることも可能です。また、ボード&バタンを使ってオリジナルな外観を作ることもできるなど、その選択肢は挙げればきりがありません。そして手触りは、ウエスタンレッドシダーを使用することにより、クリアな木目で鮮明で現代的な外観に仕上げることも可能です。節のある木材で素朴な魅力を出してみるのもいいですね。これらは、合成材ではできない技です!

財布に優しい

チャリーン!ウエスタンレッドシダーのサイディング(外壁)でお金を節約しましょう。ウエスタンレッドシダーは、複合材よりもコストが抑えられるだけでなく、密度が低いため自然な断熱材です。そのため、暖房およびエアコンの電気代を抑えることができます。外壁が素晴らしいだけでなく、財布に優しいとなれば、ウエスタンレッドシダー以外ありえません。