サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

Fasteners for Building With Cedar溶融亜鉛メッキ、アルミニウム、ステンレス鋼の釘はすべて耐腐食性であり、ウェスタンレッドシダーに使用することができます。電気亜鉛メッキなどの種類の釘は、錆びて腐敗してしまうだけでなく、レッドシダー内に存在する天然の防腐剤と反応して、汚れやすじを引き起こす可能性があります。銅の釘もレッドシダーと反応しますので、使用は控えるようにしてください。

ステンレス鋼の釘がベストですが、溶融亜鉛メッキが最も広く使用されており、価格もお手頃です。

呼び厚さ2 “(51 mm)、2-1 / 2″(64 mm)のウッドデッキ材を使用する際には、3″(10d)釘を、呼び厚さ1-1 / 4 “(32 mm)を取り付けるには、(8d)釘を使用してください。これにより、ウッドデッキの梁に約1〜1 / 2 “(38mm)の長さの釘を打つことができ、安全に取り付けることができます(リング釘またはスパイラルシャンク釘を使用する場合、長さを1/4インチ(6mm)短くすることもできます)。ウッドデッキ材の幅が2インチ(51mm)の場合、1本の梁あたり1本の釘が必要ですが、4 “(102mm)以上のウッドデッキでは1本の梁あたり2本の釘が必要となります。木が割れないようにするためには、先がとがっていない釘を使用してください。

ネジ

ネジを使用してウッドデッキを固定することもできます。溶融亜鉛めっきのネジも使用できますが、ステンレス製のネジの使用がお推めです。ほとんどの用途において、304(18-8)等級のネジが適切な耐腐食性に優れます。塩分にさらされるウッドデッキの場合には、316等級のネジを使用してください。支柱部材に1インチ(25mm)の深さだけ貫通するネジの長さが必要です。構造部品には、1/2 “(38mm)の深さだけ貫通する長さネジを使用します。

ブラインドファスニングシステム

これは、ウッドデッキ表面に留め具を見えないようにする方法です。金属クリップまたは接続上部を覆うものを使用して、ウッドデッキボードの側面または底面を梁に固定することで、留め具が見えないようにします。