屋外の仕上げのヒント

色の保持の秘訣

Cedar Siding Modern Home屋外のウェスタンレッドシダー材を美しいシルバーグレーに色あせさせるには、手入れが少なくて便利ですが、変色を望まない場合には、お好みの木の色での保持、変更に使用できるさまざまな仕上げ剤があります。仕上げの方法については、以下をご参照ください。

仕上げを開始する

木材を取り付ける前に木の6面すべてに仕上げ剤を施すことが理想的です。プロによって加工されたウェスタンレッドシダーなら、安心できます。しかし、設計に合わせてカスタマイズされたい野心家の方でも、お好みに合わせた加工も可能です。しかし、ウェスタンレッドシダーは、未加工のままで天候にさらされると、(わずか数週間でも)塗料やステインを保持する能力が損なわれますので、施工を遅らせることはできるだけ避けてください。各仕上げ剤のWRCLAのお勧め使用方法は次の通りです。

仕上げ剤の種類 推奨事項
自然および半透明のステイン すべての表面に油性のステインを塗布する
100%アクリルのソリッド(塗りつぶし)ステインおよび塗料 すべての表面にアルキドオイル、ステインブロックプライマー(推奨)を塗布する。高品質の水ベースのステインブロッキングプライマーも使用可能です。
漂白オイル すべての表面に漂白オイルを塗布する

製品の耐久力を知る

ウェスタンレッドシダーは、仕上げ剤の定着に定評があります。ウェスタンレッドシダーにはヤニが含まれていないため、仕上げ剤の吸収を妨げるものがありません。しかし、仕上げ剤の耐久性は永久ではありません。ウェスタンレッドシダーに仕上げ剤を施す場合は、仕上げ剤の寿命を知っておくことが大切です。ここでは、最も一般的な4種類のウェスタンレッドシダーの仕上げ剤をご紹介いたします。

仕上げ剤 WRC(プラナ―加工済み) WRC(ラフ)
持続性 寿命 持続性 寿命
塗料 10年まで 12年まで
ソリッド(塗りつぶし)ステイン 3年〜5年 4年〜6年
漂白オイル 3年〜5年 5年〜6年
半透明ステイン 1 年から3年 2年〜4年
撥水防腐剤オイル 1年〜2年 1年〜2年

汚れやカビの発見と排除

汚れやカビは最も一般的な変色の原因の1つですが、比較的簡単に防ぐことができます。表面が汚れている場合は、非リン酸塩の中性洗剤を使用して清掃することで、木の美しい色を復元、保持することができます。しかし、カビによって変化した色の復元は、より困難です。まず、酸素漂白剤または市販のカビ除去剤でカビを殺菌します。その後、除去剤を洗い流し、乾燥させ、カビが完全に消滅したことを確認してから、何らかの防カビ仕上げを行うことができます。