屋外プロジェクトの管理と手入れ

屋外での管理と手入れ

outdoordeck仕上げ加工されたウエスタンレッドシダーのウッドデッキの表面、外壁材、トリムボードは、汚れ、カビ、藻や苔で変色することがあります。これらの要素により、表面がゆっくりと腐食します。そのため、シダー材の仕上げ剤には定期的な清掃と手入れが必要です。手入れの程度は、地域の気候条件、仕上げの種類、最終用途(ウッドデッキまたは外壁)によって異なります。

ウエスタンレッドシダーの仕上げの変色

ウエスタンレッドシダーは長期間にわたり様々な仕上げを行うことで、長持ちする木材として多大な評価を得ています。それにもかかわらず、仕上げの寿命は劣化および変色によって短縮されます。変色の原因によっては対処が必要な場合もあります。

汚れ

汚れは変色の最も一般的要因です。通常、リン酸塩を使用しない中性洗剤溶液を使用した定期的な洗浄により、表面仕上げ剤を修復することができます。

カビ

カビは、染色真菌によって引き起こされる塗料および染色の変色の一般的な形です。再度染色を行うことでは、カビの問題は解決されません。再仕上げの時期が来たら、中性漂白剤溶液(酸素漂白剤が好ましい)または市販のカビ除去剤を用いてカビを取り除きます。木材を完全に洗い流し、乾燥させた後、効果的な防かび剤を含むコーティングで補修します。

ポイント: 塗装面にカビが存在するかどうか確かめる方法は、染色された部分に家庭用液体漂白剤(5%の次亜塩素酸ナトリウムを含む)の新しい溶液を1滴または2滴塗布することで行うことができます。黒いカビの色は、通常15〜30秒で漂白されます。漂白されない変色は他の要因によるものである可能性があるため、さらなる調査が必要です。

抽出物の流出

LA00393004抽出物の流出による変色は、通常、水分によって発生します。抽出物のシミによる汚れを止めるには、水分源を除去する必要があります。軽度のシミは、しばしば数週間にわたって雨によって洗い流されます。シミが持続的に存在する屋根のある建物の部分では、シミは年月とともに濃くなり、取り除くのがより困難になることがあります。中性洗剤溶液による洗浄で効果がない場合は、中性シュウ酸溶液の使用が、水、タンニンまたは鉄のシミの除去に効果的であることが証明されています。商用のクリーナーも利用できます。シミが残っている場合は、アルキドプライマーとラテックスコーティングをしたトップコートでプライマー加工してください。

鉄のシミ

鉄のシミは、錆による赤褐色の変色と、釘や他の金属物体とウェスタンレッドシダーの抽出物との反応によって発生する青黒い変色の2つの形で現れることがあります。これらのシミを防ぐには、シダーを取り付ける場合に、高温浸漬亜鉛メッキ、アルミニウムまたはステンレス鋼の釘のみを使用してください。鉄のシミのある部分を清掃するには、市販のクリーナーを使用してください。シミが木の表面に浸透している場合は、軽い研磨またはブラッシングが必要な場合があります。

水のシミ

水のシミはしばしば抽出物の流出およびカビの成長と組み合わせて発生します。このシミは取り除くのが難しい場合があります。希シュウ酸溶液で木材を擦ると効果がある場合があります。

注意:シュウ酸溶液は有害なので取り扱いに注意してください。安全の指示に従ってください。

チョーキング

チョーキング、顔料および劣化した樹脂粒子の放出は、塗料の表面の風化によるものです。これは塗料フィルムの劣化であり、シダー材自体は劣化していません。チョーキングは、着色または着色した塗料の退色によって引き起こされます。

剥がれ、腫れ

剥がれ、腫れなどの塗料の不具合は、塗料の裏に水分が蓄積し、塗料のフィルムが下層の木材に付着することで引き起こされます。風化した木材に塗料を塗布すると、この問題は悪化します。

定期的な手入れにより、仕上げ剤とウッドデッキ両方が長持ちします。

濡れた後に乾燥させたウッドデッキは、湿ったままのウッドデッキより長持ちします。ウッドデッキの継続的な手入れとして、表面に汚れ、葉、木の針および他のゴミがないようにしたり、植木鉢やベンチ、その他の装飾物を時折移動して、その下のデッキ部分を乾燥させることで、ウッドデッキ全体の換気を妨げないようにすることができます。