屋外プロジェクト用の留め具

お推めの留め具

Cedar Arbor Painted Orange大型の部材には、釘以外の木材接続部品が必要です。接合部で、釘以上の強度が必要な木材構造では、ボルト、ラグスクリュー、スプリットリングおよびせん断プレート、および特注のハードウェアが一般的に使用されます。これらの接続部品は、耐食性であるか、そうでない場合は腐朽および汚れを防ぐために適切なコーティングが必要です。一般的に、機械固定された接合部の設計は、先端および端の距離、水分含有量、使用条件、使用される接続部品の数の効果など、さまざまな要因を考慮する必要があります。接合部の作成および取り付けの費用など、重い木材構造にはかなりの費用がかかることがあるため、部材を設計する前に構造の詳細を設計することが重要です。

デッキの取り付けにネジを使用することもできます。二重溶融亜鉛メッキスクリューも使用可能ですが、ステンレス製のネジの使用が推奨されます。ほとんどの用途では、304(18-8)グレードが適切な耐食性を持ち合わせています。塩分にさらされるデッキの場合は、316グレードを使用してください。ネジは、支柱部材に1インチ(25mm)貫通するだけの長さでなければならず、構造部品には1/4インチ貫通するようにしてください。

ブラインドファスニングシステムは、魅力的で、デッキ表面から留め具が見えない構造になっています。金属クリップおよび/または梁止めのブラケットを使用して、デッキボードの側面または底面を梁に固定し、留め具が見えないようにします。ブラインドファスニングシステムは、ウェスタンレッドシダーのデッキの美しさを引き出す、理想的な製品です。