アウトドアデザインのヒント

デザインスランプですか?

Cedar Fence Around Houseオンラインギャラリーをブックマークしたり、Pinterestの写真にピンを追加したり、houzz.comのアイデアブックを埋めたり・・・すでに思い出せないくらい長い間オンライン上で夢を思い描いてきたなら、今こそ、アイディアの調達はそこでやめ、その夢の屋外スペースをリアルシダーで現実にする時かもしれません。その場合、非常に重要な設計プロセスが必要となりますが、仮想の希望のリストだけでは、お財布にも機能としても現実的で、心地良い聖域を実際に描くことが難しく感じる方もいるかもしれません。そこで、ノースカロライナ州のランドスケープアーキテクトのテッド・クリアリーがお手伝いします。アメリカン・ソサエティのカードメンバーであり、スタジオ・クリアリー・ランドスケープ・アーキテクチャーの長である彼は、裏庭の聖域のビジョンをなくすことなく、プロジェクトを開始し、軌道に乗せる方法に長けています。ここでは、プロジェクトの開始をお手伝いするために、クリアリーのデザイン上のヒントをご紹介いたします。

目的を見つける

Cedar Pergola With Latticeまず大切なのは、機能に焦点を当てることです。このために、クリアリーは、自分の心の中を深く探ることを提案しています。この空間の主な目的は何ですか?そして、自分に正直であること – 毎晩大きなディナーパーティーを開催しますか?このスペースはあなたとあなたの家族が夏の食事を楽しむのに最適な小さな楽園になるでしょうか?

後者の場合、おそらくゲストのための席はそれほど必要ありません。予算は、楽しく環境にやさしいリアルシダーの遊び場に費やされ、ダイニングエリアの素朴な景色になるでしょう。そうすれば、子供たちが早めに夕食を済ませたら、美しいリアルシダーデッキで、ご夫婦一緒に子供たちを見守りながらドリンクを楽しむこともできます。かなり夢のような話に聞こえるかもしれません。しかしこれは、一年に一度しか使用できないデザイナー家具に投資するよりも、費用対効果に優れています。

視覚効果を作りだす

クリアリーが指摘しているように、視覚的に関心を引くための最良の方法の1つは、直線にあいまいな形を並べて配置することです。例えば、古典的な長方形の庭の場合、曲線のあるシダーデッキは、屋外空間の全体的な美しさに、美しい緊張感を加えます。または正方形のシダーペルゴラをお持ちの場合は、覆われた座席エリアから庭につながる曲がりくねった石の歩道と対照的にすることも可能です。シダーの庭がある場合は、90度の角度をすべてアーチ型のシダーのアーバーでオフセットすることができます。

視覚的な面白みを加えるもう一つの方法として、材料を混ぜるという方法があります。これはウェスタンレッドシダーがすべてとマッチする素材であるため、容易にできます。例えば、ステンレス製の屋外用のキッチンを使用される場合は、リッチで調和性のあるシダートレリスを使用します。庭のパーティションとしても使用できますが、これにより、調理スペースに華やかな日光が降り注ぎます。逆に、伝統的な裏庭に現代的なエッジを加えることもできます。基本的には、どのように使用したとしても、木材はいい味を出します。

屋内からの眺めを楽しむ

Cedar Arbor in Front of Houseお住まいの地域によっては、冬の間野外の聖域をあまり利用できないこともあります。とはいっても、夏のリラックスした空間を待ち望む間、キッチンの窓からの景色を楽しむことができないというわけではありません。それを念頭に置いて、美しいシダーのガゼボを建てる計画がある場合は、家から見える庭の部分に建てるようにしましょう。凍える朝でも、自分で立てた作品に感心することで、その神聖な庭園を満喫することができ、また、次の夏が来るのが待ち遠しくなります!

屋外の眺めを最大限に楽しむためのもう一つのテクニックは、クリアリーが 「賢い風景照明」と呼んでいるものです。絶妙な霜降りの照明でカスタマイズされたシダーのベンチをご覧ください。また、家から裏庭に続く勝手口がある場合は、最愛の裏庭に暖かく輝く光を投げかける調光スイッチを設置するのも乙です。また、クリアリーは庭の照明は少な目にすることを勧めています。照明が多すぎると、歩道が空港の滑走路のようになってしまいます。