シダー屋内設計のヒント

計画

以前は、天然木の屋内における用途は、居心地の良いシャレー風の内装にしたり、時代を超越した伝統的なインテリアの美しさをもたらすことと同義でしたが、現在ではそんなことはありません!レッドシダーの素朴で古典的な魅力は、決して流行に遅れを取ることはありません。現在、レッドシダーは、現代的なデザイン業界で最も多用途で感動を与える建築材料の1つとして認識されています。だからこそ、インテリアデザイナーは、木を使用して家を美しく見せる革新的な方法につきることはありません。ここでは、板を有効利用する方法に関するブロードヘッドのヒントのいくつかをご紹介いたします。

予期せぬ驚き

ハードコアのミニマリストでも、恐れることはありません – ほんの少しのウエスタンレッドシダーでも、現代的な空間において大きな効果があるため、完全で美しい外観を手に入れるために、家全体をウエスタンレッドシダーで囲む必要はありません。例えば、光沢のある白いラッカーのキッチンキャビネットがあれば、インテリアデザイナーは天然木のアイランドを加えて暖かみを出します。そして、ウエスタンレッドシダーの豪華で豊かな色合いは、このようなデザインに特に優れています。

リビングルームを明るく

現代のリビングルームに暖かみを加える一番の方法は、壁の一部や、メインの壁を天然木で仕上げることです。これは(ウエスタンレッドシダーを使用する場合は特に)スマートでスタイリッシュな空間や読書のためのコーナーにぴったりの背景を作り出します。ブロードヘッドは、スリット入りのパーティションや、可動式の木の壁、さらにはシンプルなオープンブックシェルフを設置することを提案しています。これらの3種はすべて、現代的な空間において素材感を高める素敵な方法です。

他の素材とのミックス

ウエスタンレッドシダーを組み込むことにより、特徴のない風景に新しい命が吹き込まれることがあります。例えば、ウエスタンレッドシダーは、平凡な階段に奇跡を起こします。また、インテリアデザイナーが指摘しているように、階段はある木材に他の材料を混ぜて使用する絶好の場所です。完全に部屋をオープンに見せる滑らかなウエスタンレッドシダーの踏板さえあれば十分です。金属製やガラス製の手すりで仕上げて、簡単な「ステップ」でご自宅を完全に改装してみませんか。

部屋を明るく

自然光が入らない部屋を改装する場合、インテリアデザイナーは、暗い木をあまり多く使わないように勧めています。ウエスタンレッドシダーはゴールデンハニーやシルバーハットライトグレイなど、幅広い種類のステインを使用できるので、部屋を明るくするのに最適な素材です。もう一つの選択肢としては、シンプルでクリアな仕上げを使用することです。ウエスタンレッドシダーはクリアな自然の美しさで使われていない空間を明るく照らします。

空間に十分な光が取り入れられている空間では、鮮明な白い壁と濃色のリアルシダーのトリムの組み合わせによりクリーンで鮮明なコントラストが作り出されます。その本物のコンビネーションをキャンバスとしてを使用することにより、お望みのスタイルで家を飾ることができます。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。