シダー屋内 管理と手入れ

屋内 管理と手入れ

indoor cedar ceiling and windowsパネル、柱、梁および建具として屋内で使用されるウェスタンレッドシダーは、外装のサイディング、トリムおよびデッキよりも保護がそれほど必要ないため、使用される仕上げ剤の幅が広がります。この例外は、ウェスタンレッドシダーが高い水分レベル、例えば浴室に使われる場合です。その場合には、仕上げ剤は外装グレードが必要となり、湿気に対する耐性を持つものでなければなりません。屋内での使用にはコーティングが常に推奨されます。

ウェスタンレッドシダーを屋内に使用することを選ぶ人のほとんどが、シダーの自然な外観をそのまま生かすことを望まれます。ワックス、シェラックや他の透明フィルム形成仕上げ剤のような透明の仕上げ剤を使用することによりこの自然な外観を最も生かす仕上げとなります。これらの「内装」仕上げ剤は、シダーを小さな磨耗や液体から保護し(ワックスの場合保護力はより少ない)、清掃がしやすくなります。

屋内で使用されるウェスタンレッドシダーは、様々な仕上げ剤でコーティングすることができます。例えば、漂白剤、オイル、半透明および無地のステインや不透明な仕上げ剤を使用して、全体的なテーマに合わせて木材の外観を変えることができます。 屋内仕上げ剤の種類セクションに、適切な内装用の製品のリストがあります。このセクションでは、シダーの自然な外観を引き出し、屋内の空気の質への影響を最小限に抑える仕上げ剤に注目しています。

仕上げ前の表面の準備と調整

最適な結果を得るためには、取り付けの前に、ウェスタンレッドシダーを屋内の湿度条件に順応させる必要があります。これにより、シダーが周囲と平衡した含水量になります。ウェスタンレッドシーダーの木目は、その加工状態によっては、細かな表面の特性を取り除くために、細かいサンドペーパーで軽い研磨が必要な場合があります。完成品と同じ木材の小さなサンプルでお望みの仕上げを試すことも有効です。これにより、コーティングで望んだ効果が得られることが確認できます。仕上げ剤の選択後は、互換性のない配合物や色の矛盾を避けるために、同じブランドの製品を使用してください。

内装仕上げ剤の選択

ウェスタンレッドシダーの自然な色合いの美しさは、商用の仕上げ剤によって増強または補修が可能です。自然の状態のまま放置されると、木材の色が濃くなり、色のばらつきが少なくなります。透明な仕上げ剤を施すと、色が一定程度濃くなりますが、維持しやすい保護面が形成されます。