デッキ階段と手すりの取り付け

階段と手すり

シダーデッキと手すりの取り付け

地面から離れて取り付けられているデッキでは、地面にアクセスするための階段が必要で、それに加えて安全のために手すりが必要となります。実用的な機能以外にも、階段や手すりによって家やデッキに建築的なデザインを加えることができます。階段を設計する際は、階段の斜度を考え、それに応じて階段の踏み板間の段差の比率を調整します。階段の幅は、デッキの全幅から最低3フィートの幅まで選択することができます。

留め具とサポート

すべての屋外作業では、耐錆性の高温浸漬亜鉛メッキまたはステンレス鋼の釘を使用します。ボルト、ネジ、ヒンジなどの他の留め具やハードウェアも同様の耐腐食性材料のものを使用します。

足場

デッキと階段支柱のための丈夫な基礎は、耐久性と安全性にとって非常に重要です。プレキャストのコンクリート足場は、販売業者から入手することもできますが、自分で作ることで柔軟性が増し、長期的なパフォーマンスを向上させることがあります。

デッキと階段の構築のヒント

  • 2回測定、切断は1度だけ。
  • 下げ振り使用して縦線を確認。
  • 木材の端に釘打ち、またはねじ止めするときにパイロット穴を開ける。
  • ボード間の間隔を均等にするために、16dの釘または木製のスペーサーを使用する。
  • デッキの下に6mmポリの石を置くことで、雑草の生育を阻害する。