デッキの補修

シダーデッキの補修

Cedar Deck With Ocean View1年に1度、春にはデッキを清掃し、汚れ、カビなどの変色を取り除くのがお勧めです。毎年の清掃により、デッキの保護コーティングの寿命を延ばすと同時に、美しい外観が保たれます。洗剤を入れた温水でデッキを清掃することで、汚れは取り除けますが、上記にあるように、カビを取り除くには、家庭用(酸素ベース)の漂白剤が必要となります。ほとんどの塗装会社では、同企業のデッキ仕上げ剤と一緒に使用できるデッキクリーニング製品も製造しています。これらの製品は、クリーナー、ブライトナー、または修復剤と呼ばれ、ウェスタンレッドシダーの仕上げ剤を取り除くことなく、様々な変色を取り除きます。これらのクリーナーのほとんどにより、シダーの表面のカビや藻類によって発生する汚れや変色が取り除かれますが、鉄やタンニンの汚れを取り除いたり、デッキの表面から風化した(灰色の)木材を取り除く能力は様々です。これらのデッキクリーナーの中には、実際に風化したシダーの表面から木材を取り除くものもありますので、使用する際は注意してください。高水圧洗浄はシダーデッキの表面に深刻な損傷を与えることがあります。前述のように、この種の清掃は、シダーデッキやその他のシダー製品にはお勧めできません。

ウェスタンレッドシダーの色が褪せてきたら、デッキの表面の再仕上げが必要です。

新しい仕上げ剤は木材に浸透させなければなりません。仕上げが早過ぎると吸収が不十分になります。仕上げが遅すぎる場合というのは、塗膜が風化した木材に塗布された可能性があり、仕上げの性能が低くなります。ウェスタンレッドシダーデッキの再仕上げの最初のステップは、清掃です(上記参照)。デッキ表面を清掃し、洗い流した後、乾燥させます。木材の含水率は20%以下でなければなりません。

半透明のステイン、透明なステインや撥水剤の仕上げは、上記のように、刷毛、パッドまたはローラーを使用して簡単に仕上げ剤を再塗布できるので比較的簡単です。ステインは、風化後、より空洞の多くなったデッキ表面の部分に簡単に浸透します。他の部分では、仕上げ剤が木材の表面に留まることもあります。これについては、余分な仕上げ剤を刷毛で取り除いてください。デッキを補修する際にステインを塗布しすぎると、表面にフィルムが形成され、後々塗料のように剥離し、広範な手入れが必要になります。

長期間にわたって天候にさらされているウェスタンレッドシダーの自然な外観を保つことは困難です。より自然で透明な仕上げ剤の場合、木の元の色を維持することがより難しくなる場合があります。最終的には、デッキの表面から風化した仕上げを完全に剥がし、最初から仕上げ直します。このような場合には、木材が変色し、風化した繊維からステインを取り除く、強力な洗剤/剥離剤を使用することができます。ただし、シダーを元の外観に完全に復元することは非常に困難です。業者で販売されている染色剥離剤を使用すると、仕上げ済みのウェスタンレッドシダーから油性の染色およびアクリル系の染色を取り除くことができます。そのほとんどが、即使用可能な液体の形で販売されています。使用後は、残った洗剤や剥離剤を木材の表面から完全に洗い流して下さい。木材を乾燥させてから、他の塗料を塗布してください。