サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

ウェスタンレッドシダーデッキの補修

デッキの補修

1年に1度、春にはデッキを清掃し、汚れ、カビなどによる変色を取り除くことをお勧めします。毎年の清掃により、デッキの保護コーティングの寿命を延ばすことができると同時に、美しい外観を保つことができます。

洗剤を入れた温水でデッキを清掃することで、汚れは取り除くことはできますが、カビを取り除くには、家庭用(酸素ベース)の漂白剤が必要となります。ほとんどの塗装会社では、同社のデッキ仕上げ剤と一緒に使用できるデッキクリーニング製品も用意しています。この製品は、クリーナー、ブライトナー、または修復剤と呼ばれ、ウェスタンレッドシダーを守る仕上げ剤を取り除くことなく、様々な変色を取り除くことができます。

これらのクリーナーを使うことで、レッドシダーの表面のカビや藻類によって発生する汚れや変色を取り除くことができますが、鉄やタンニンの汚れやデッキの表面から風化した(灰色の)木材を取り除く能力は製品によって異なります。このデッキクリーナーの中には、実際に風化した部分のレッドシダーを取り除いてしまうものもありますので、使用の際は注意してください。高水圧洗浄はレッドシダーデッキの表面に多大な損傷を与える可能性もあります。この種の清掃は、レッドシダーデッキやその他のレッドシダー製品にはお勧めできません。

ウェスタンレッドシダーの色が褪せてきたら、デッキの表面の再仕上げが必要です。

新しい仕上げ剤は木材に浸透させなければなりません。仕上げが早過ぎると吸収が不十分になります。一方で仕上げが遅すぎると、風化した木材の上に塗布する可能性もあり、仕上げの性能が低くなります。ウェスタンレッドシダーデッキの再仕上げの最初のステップは、清掃です(上記参照)。デッキ表面を清掃し、洗い流した後、乾燥させます。木材の含水率は20%以下でなければなりません。

半透明のステイン、透明なステイン、撥水剤の仕上げは、刷毛、パッドまたはローラーを使用して簡単に仕上げ剤を再塗布でき、比較的簡単です。ステインは風化後、より空洞の多くなったデッキ表面部分に簡単に浸透します。他の部分では、仕上げ剤が木材の表面に残ってしまうこともあります。その場合には、余分な仕上げ剤を刷毛で取り除いてください。デッキを補修する際にステインを塗布しすぎると、表面にフィルムが形成され、後々塗膜の剥離が起き、さらなる修復が必要になる場合もあります。

長期間にわたって天候にさらされているウェスタンレッドシダーの自然な外観を保つことは困難です。より自然で透明な仕上げ剤を使った場合でも、木の元の色を維持することがより難しくなる場合があります。修復の際には、デッキ表面から風化した仕上げを完全に剥がし、最初から仕上げ直すことが求められます。この場合では、風化した繊維からステインを取り除く、強力な洗剤または剥離剤を使用することができます。ただし、レッドシダーを元の外観に完全に復元することは非常に困難です。業者で販売されている染色剥離剤を使用すると、仕上げ済みのウェスタンレッドシダーから油性の染色およびアクリル系の染色を取り除くことができます。また、液体で販売されている為すぐに使用することが可能です。使用後は、残った洗剤や剥離剤を木材の表面から完全に洗い流し、木材を乾燥させてから、他の塗料を塗布するようにしてください。