シダーサイディングの修復

サイディングの修復

修復前の下準備

Bevel Cedar Siding, stained cedar準備が重要です。仕上げを行う前にサイディングの表面が適切に準備されていないと、接着不良、色の不一致、腐朽に対する耐性が弱くなることがあります。このプロセスは、サイディングの状態を調べることから始めます。まずは、傷、カビおよびはがれやすい汚れを処理することが大切です。

汚れを取り除くには、少量の温水とリン酸を含まない洗剤でサイディングを洗うだけで十分です。カビがある場合は(黒か濃茶の斑点)、市販のカビ殺菌剤、ぬるま湯や酸素漂白剤のいずれかの溶液で取り除くことが大切です。汚れやカビが他の仕上げ剤のフィルムで覆われると、汚れが密閉され、カビが生育し続けるため、これは重要なステップです。

塗装仕上げ

board and batten cedar siding, solid stain siding, outdoor patio古い塗料やソリッド(塗りつぶし)ステインのはがれやひび割れがある重度のケースでは、カビの問題に取り組む前に古い仕上げを取り除かなければならない場合もあります。この薄い層を剥ぎ取るには様々な方法がありますが、ショートカットはありません。つまり、サイディングを洗い流して時間を短縮しようとすると、木材に重大な損傷を与える危険性があります。同じく、仕上げを保持する木材の性能を損なう恐れがあります。剥がれた仕上げをすべてはがし、木肌が滑らかになるまで研磨処理した後最初から始め、サイディングを新しい木と同じように扱います。

不透明な仕上げ剤では、一般に、元の仕上げ剤と同じ種類の仕上げ剤を使用しなければならないことに注意してください。古いラテックス仕上げ剤の場合新しいラテックスを使用し、古いオイルベースの仕上げ剤の場合新しいオイルベースの仕上げを使用します。ここでの例外は、オイルベースの製品の上にラテックスを塗布することも可能なことです。しかし、決してラテックスの上にオイルベースの製品を使用してはいけません。また、塗布するコーティングの回数については、製造元の推奨に沿うことが非常に重要です。また、どんな種類の仕上げを施す際にも、必ず木が乾燥していることを確認してください。

半透明および漂白用オイル

透明または半透明のステインおよび漂白用オイルについては、通常は硬い毛のブラシを使用した基本的な洗浄が必要です。古い仕上げが半透明のラテックスステインの場合でも、ソリッド(塗りつぶし)仕上げ剤と同じく広範な準備が必要なこともあります(上記参照)。

未処理のシダー

grey cedar deck, transparent stain, outdoor mountainous patio, cedar siding未処理のサイディングは最終的に美しいシルバーグレーに変わります。しかし、これが求められていない場合は、通常、木用の光沢剤、クリーナーおよび修復材を用いてサイディングを元の色に戻すことができます。しかし、まずは「木肌」の最上層をサンドペーパーで研磨する必要があります。その後、きれいにして乾燥させ、カビの確認をします。 それから、お好みの仕上げ剤をお選びください。