T&Gサイディングの取り付け

T&Gの取り付け

Tongue & Groove Siding Installation Profile Diagram

T&Gサイディングは、縦張りあるいは横張りができます。横張りの場合は、下方から開始し、溝の縁を下に向けて作業してください。6インチまでの幅のサイズの外壁は、外壁につき1つの釘をその下の板まで貫通させて通すことで、表面から見えないように釘打ちすることができます。より幅の広い外壁は、1枚につき2本の釘で釘付けします。釘は、木材に1~1 / 4インチの深さ貫通するようにします。

縦張りの場合は、角から始め、溝の縁を繋ぎ目の壁に向けて作業をしてください。水平器または測鉛線を使用して、最初の板が垂直に取り付けられていることを確認します。1番目の板の溝のある縁をきっちり設置するためには、長さを調節して切断する必要もあります。外壁は、胴縁と釘打ち壁の間にある水平ブロッキングラインまたはサッシに釘付けします。横張りの場合と同様に、6インチまでの板は表面から見えないように釘打ちできますが、より幅広いものは表面に釘付けする必要があります。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。