ラップまたはチャネルサイディングの取り付け

ラップサイディング(チャネルサイディング)の取り付け

Lap Siding Installation Profile Diagram

ラップサイディング(別名:チャンネルサイディング)は、横張りまたは縦張りができます。横張りの場合は、下方から始め、溝を上に向けて作業してください。外壁材が空気または窯乾燥済みの場合は、各板の間に1/8インチ分のスペースを設けてください。また、重なっている部分に釘を打たないようにしてください。6インチまでの幅の外壁材は、重なり部分から1インチ上に釘を1本使用し打ち付けます。8インチ以上の幅の板には、板あたり2本の釘を2-1/2から3インチ離して釘付けすることで、板が割けることなく拡張できるスペースを設けます。縦張りの場合は水平ブロッキングまたはサッシに釘付けします。