ベベルサイディングの取り付け

ベベルサイディング(羽目板)の取り付け

外壁材の間隔はあらかじめ設計しておきます。下地と基盤に取り付けられる1番下の外壁材の間のスペースの数は、以下の表と同じ重なりの大きさになるようにします。

まず、サッシを使って下の端を支えることから始めます。その上にのせる外壁材は、その下の外壁材の上端に1インチ以上重なるようにします。実継ぎのパターンの場合は、間隔には決まりはありませんが、拡張した場合のために1/8インチ分のスペースを残します。また可能であれば、窓の上部に配置された板の底面は、窓の枠の向きと一致するように重ねるようにします。

Bevel Siding Installation Profile Diagram

ベベルサイディングは、板の中央に最大24インチの間隔で1枚に1本釘を使用して、1〜1 / 4インチの深さに釘を打ち付けます。釘は、重なりのすぐ上に打ち付け、重なっている部分に釘を打たないようにしてください。

本サイトの取り付けセクションに記載されている、推奨されるサイディング(外壁)の重なりは必ず守ってください。重なりが浅いと、風や水による損傷が発生する可能性があります。収縮や膨張があるため、未乾燥のサイディングは重なり幅を大きくします。重なり幅を増やす際は、留め具を使用しすぎないようにしてください。板の接合部は、少しずつずらして釘で打ち付けるようにします。また木材の長さを調節する際には、他の木材を外壁材に重ねて、切断します。

推奨される重なり
公称サイズ (インチ) 重なり (インチ)
4 1
6 1
8 1から1-1/8
10 1から1-1/2
12 1から2

*適切な取り付けのために、上記の重なりの推奨事項に従ってください。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。