トリムボードの取り付け

角と接合部の取り付け

Field Joint and Corner Siding Installation Diagram
外側の角には主に2つの施工方法があり、どちらを選ぶかは外観だけでなく、施工者の経験とスキルにもよります。額縁デザインに関しては、プロの仕上がりのような見た目に仕上がります。額縁は、ベベルのような横張りのサイディング用途で最も一般的に使用されます。角の額縁には、高い木工技術が必要で、繋ぎ目の深さに完全に対応できなければなりません。

一方で付柱デザインは、額縁よりも一般的で、より簡単な施工方法です。付柱の厚さは外壁材の厚さによって異なります。最も一般的なのは3/4インチまたは1-1 / 4インチの厚さです。幅は好みや適切な比率によって異なります。付柱の板の端は外壁の外装材にピッタリ合うように取り付け、拡張を可能にし、水漏れを防ぐようにします。
付柱と外壁の端は、角のスタッドに釘打ちして素材を固定することで、メンテナンス不要の接合部分に仕上がります。また、屋根をひさし付き屋根にすることで、角の接合部分を風化から守ることで、メンテナンスの必要がなくなります。そして、端の切目には、常にプライマーまたはステイン材を使って仕上げを行ってください。また付柱デザインを選ぶことで、図のように外壁材の隣または上に使用することができます。

また図のように、内まった角には外壁に対して突き出すように2 x 2の柱が使用されます。同様に、繋ぎ目を覆うように柱を突き出すように使用することもできます。

フィールドジョイント

外壁材を突き合わせて接合する場合には、端を45度の角度で切断し、重なり合う接合部を作ります。これは特に、垂直設置の際に重要です。接合部がスタッド部分で接合するように確認し、釘が少なくとも1-1 / 4インチ貫通した状態でサッシ上に取り付けてください。

取り付け業者は、お客様に喜んでいただき、お客様からの苦情を減らすために、最善の方法で取り付けるようにしましょう。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。