シングルパネルの取り付け

準備

  1. 施工の前に汚れを落として、表面をきれいにします
  2. 建築において基材を最も良好な状態にするために、製造元が推奨する方法で表面を整えます。
  3. 枠組のレイアウト前に、どのような角の処理を行うか決める。外側に出た角では5〜1/4インチ(133mm)、内まった角では3〜2インチ(89mm)の釘打ちのためのスペースを設けます。
  4. 枠組みが完了したあとは、壁の下端から、横に3インチ(76 mm)の重なりを作りながら、木瓦のシングルスタイルのように水平に建築用紙を取り付けます。
  5. 角柱、トリム、および繰形
    • 使用するShakertown Craftsmanのシングルパネルの7/8インチ(22 mm)の幅を収めるために、外装材から1インチ(25.4 mm)以上のスペースを設けます。

取り付け


製造元の指示に従って取り付けます。

  1. シングルパネルは、頑丈で釘打ちが可能な外装材、間隔を開けた釘打ちが可能な外装材、またはスタッドに取り付けます。
  2. 壁の下側から上に向けて取り付けます
    • 3/8インチ×1インチ(9.5×25.4 mm)の木片で外壁材の底部を持ち上げます。最初の外壁材には傾きの余裕を持たせ、水平に取り付けます。
    • 外壁材の表面が平らになるように、スタッドに12.7 mm(1/2インチ)以上釘が貫通するよう打ちます。
    • 角柱とトリムの間に1/8インチ(3mm)間隔を確保します。硬化しないシーリング材を使用して隙間を詰めます。
  3. パネルの両端に1/16インチ(1.6mm)の間隔を開け、膨張のための余裕を残します。
  4. パネルの突き合わせ部分と水切り部分の間に1/4インチ(6 mm)の余裕を確保します。