サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

準備

  1. 施工の前に汚れを落として、表面をきれいにします
  2. 建築において基材を最も良好な状態にするために、製造元が推奨する方法で表面を整えます。
  3. 枠組のレイアウト前に、どのような角の処理を行うか決める。外側に出た角では5〜1/4インチ(133mm)、内まった角では3〜2インチ(89mm)の釘打ちのためのスペースを設けます。
  4. 枠組みが完了したあとは、壁の下端から、横に3インチ(76 mm)の重なりを作りながら、木瓦のシングルスタイルのように水平に建築用紙を取り付けます。
  5. 角柱、トリム、および繰形
    • 使用するShakertown Craftsmanのシングルパネルの7/8インチ(22 mm)の幅を収めるために、外装材から1インチ(25.4 mm)以上のスペースを設けます。

取り付け


製造元の指示に従って取り付けます。

  1. シングルパネルは、頑丈で釘打ちが可能な外装材、間隔を開けた釘打ちが可能な外装材、またはスタッドに取り付けます。
  2. 壁の下側から上に向けて取り付けます
    • 3/8インチ×1インチ(9.5×25.4 mm)の木片で外壁材の底部を持ち上げます。最初の外壁材には傾きの余裕を持たせ、水平に取り付けます。
    • 外壁材の表面が平らになるように、スタッドに12.7 mm(1/2インチ)以上釘が貫通するよう打ちます。
    • 角柱とトリムの間に1/8インチ(3mm)間隔を確保します。硬化しないシーリング材を使用して隙間を詰めます。
  3. パネルの両端に1/16インチ(1.6mm)の間隔を開け、膨張のための余裕を残します。
  4. パネルの突き合わせ部分と水切り部分の間に1/4インチ(6 mm)の余裕を確保します。