サイディング

ウェスタンレッドシダーのサイディング(外壁)

紹介
サイディング
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
ベベルサイディング
ボード&バテンサイディング
T&Gサイディング
ラップまたはチャンネルサイディング
トリムボード(飾り板)
シングルパネル
施工
取り付けにおけるサイディングの準備
一般的な取り付け
ベベルサイディングの取り付け
ボードアンドバテンサイディングの取り付け
T&Gサイディングの取り付け
ラップまたはチャネルサイディングの取り付け
トリムボードの取り付け
シングルパネルの取り付け
仕上げ
サイディングの仕上げ
手入れと管理
修復
デッキ

ウェスタンレッドシダーのデッキ

紹介
デッキ
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
設計
ウッドデッキ計算機
デッキの企画
地面に接したデッキ
テラスデッキ
傾斜地のデッキ
屋根上デッキ
施工
留め具の推奨事項
階段と手すりの取り付け
仕上げ
仕上げのヒント
補修
管理および手入れ
屋外

ウェスタンレッドシダー 屋外

紹介
屋外
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザインと仕様
REAL CEDAR のDIYプロジェクト
デザインのヒント
施工
留め具
組み立て済みパネル/フェンス
仕上げ
仕上げ技術
補修のヒント
管理と手入れ
屋内

ウェスタンレッドシダー 屋内

紹介
屋内
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
デザイン
レッドシダーのサウナ
伝統的なサウナ
赤外線サウナ
屋内設計のヒント
内装
T&Gパネル
ドア&窓
ブラインド&シャッター
準備
仕上げ
仕上げ
管理と手入れ
木材

ウェスタンレッドシダー 木材

紹介
ウェスタンレッドシダー 木材
選ばれる理由
特徴と性質
持続可能性と環境
品質
グレードおよび仕様
取り扱い
取り付け
木材の準備
管理
仕上げ
管理&手入れ
WRCLA

WRCLAについて

THE WRCLA
沿革
任務
WRCLA会員ー日本
Gallery
参考資料
技術資料

仕上げのヒント

屋外で使われているウェスタンレッドシダー材に仕上げを施す

maison en bois de cèdreシダー材をどのように仕上げをするかは、耐久性と優れた性能を持続させるために重要要素です。仕上げは、刷毛塗り、ロール塗り、スプレー塗りまたは浸漬塗布が可能です。塗布の方法、塗布される仕上げ剤の質および量、基材の表面状態、および塗布時の気候条件が、仕上げの持続寿命に影響します。ここで紹介される塗布のガイドラインは、製造元による製品の準備および塗布の際の推奨事項と合わせてご利用ください。

塗料

シダー材には、ビニールアクリル、変性アクリル、油性トップコートなどすべての種類の塗料が適していますが、試験結果では、良質の100%アクリル配合物がシダー材と最も相性がいいことが分かっています。塗料の寿命を最大限に延ばすには、次の手順を実行します。

  1. 未処理の新しいシダー材または修復済みのシダー材に、撥水保存剤(体積および内容量に対し、ワックスが1%以下含む)を1回のみ塗布し、製造元が推奨する期間、乾燥させてください。木材を浸透処理した場合、より長い乾燥時間が必要な場合があります。撥水保存剤の溶剤が蒸発する前に塗装すると、塗料の乾燥を遅くしたり、変色、表面の硬化の原因となるため注意してください。
  2. 撥水剤の乾燥後、できるだけ早く良質の汚れ防止プライマーを塗布します。プライマー塗料は、塗装フィルムのベースとなり、油性ベースやラテックスベースかにかかわらずトップコートを使用できます。使用時には、製造元が推奨する使用量に従ってください。
  3. プライマーの上にトップコートを塗布します。トップコートを2度塗布する場合は、最初に塗布してから2回目を塗布する前に、製造元が推奨する時間を置きます。寒冷地や湿気の多い天候の場合は、コーティング間により長く時間を置いてください。

撥水防腐剤

撥水防腐剤は、新しく製造された未処理のシダー材、修復済みの未処理のシダー材、または以前に同じ種類の製品で処理済みのシダー材にのみ使用できます。刷毛、パッド、またはローラーで塗布し、塗布後に逆ブラッシングを行うことも効果的です。シダー材を建物の完成後に処理する場合、板の重複部および接合部、先端および端部に溶液を多めに塗布してください。湿気が侵入しやすい他の部分(ドアや窓枠の下など)も処理が必要です。

自然な仕上げ剤を使用した場合、撥水剤の耐用年数は、木材および露出度によりますが、わずか1〜2年です。ラフ面の処理は、一般に、スムースな表面の処理よりも長持ちします。取り付け前の重ね塗りや浸透しなくなるまでブラシ処理を繰り返すことで、仕上げの耐久性が向上します。仕上げ剤が木材に吸収されるほど、使用寿命は長くなります。塗装前の前処理として撥水防腐剤を使用する場合は、塗料を1回だけ塗布し、過度の重なりを避けるように注意してください。

オイルベースの浸透性の半透明のステイン

オイルベースの浸透性の半透明のステインは、刷毛塗り、スプレー塗り、パッド、ローラー塗りなどが可能です。通常、刷毛塗りをすると、浸透性と性能が高まります。スプレーまたはローラーで塗布した後にバックブラシを行うことも可能です。油性のステインは一般的に薄く垂れやすいため、処理が面倒な場合があります。塗装のムラは、長く連続的に塗布することによって防ぐことができます。これにより、全体を塗り終わる前に、染色された部分の縁が先に乾燥してしまうことを防ぐことができます。日陰で作業すると、乾燥速度が遅くなるので、塗布時に最適です。スプレーによって塗布されたステインは、バックブラシが施されずに風化してしまうと、まだら模様になりがちです。

ラフなウエスタンレッドシダーに2層のオイルベースのステインを浸透させると、木材に2層目のコーティングが浸透すれば、1層の場合よりも長持ちします。沈殿や色の変化を防ぐために、塗布中はステインをよく混ぜてください。異なるブランドのものや缶を混ぜて使用しないでください。

ラテックスの半透明のステインは木材の表面には浸透しませんが、塗布が容易で塗布ムラになりにくい特徴があります。ラテックスの半透明のステインはフィルムを形成し、油性のステインほどの耐久性がないことがあります。

 

ソリッド(塗りつぶし)ステイン

ソリッド(塗りつぶし)ステインは、刷毛、ローラー、またはパッドでウェスタンレッドシダーに塗布することができますが、通常は刷毛塗りが最適です。ソリッド(塗りつぶし)ステインには塗料と同様の機能があり、塗料と同じ様に塗布します。木材は、下塗りされ、次に2層のステインコーティングを施すことにより、最適な性能を維持することができます。アクリルラテックスのソリッド(塗りつぶし)ステインのトップコートは、特にプライマー上に2層のコーティングが塗布された場合、一般的な塗布よりも優れた結果を得ることができます。

ソリッド(塗りつぶし)ステインは、塗料とは異なり、塗装ムラが残ることがあります。塗装ムラを防ぐためには、半透明の浸透した染色の手順に従ってください。

 

不透明の仕上げ剤

塗料

Painted Board and Batten Cedar Siding塗料は、色をもたらすと共に、木材の特性を保護し、水による風化および湿潤から表面を保護します。ただし、塗料により木材の水分吸収を減らすことはできますが、塗料自体は防腐剤ではありません。

アルキド油ベースのプライマーは、通常、水溶性抽出物による変色を最も防ぎます。ラテックスペイント、特に100%アクリル配合物は、年月が経つにつれ柔軟性を保ち、木材を伸縮させることによって寸法変化によく対応します。

ソリッド(塗りつぶし)ステイン

ソリッド(塗りつぶし)ステインは塗料よりも固形分が少ない透明性のない仕上げ剤です。ステインにより木の本来の色が見えなくなりますが、シダーの自然な特徴と質感の一部はそのままで、幅広い色合いを楽しむことができます。ソリッド(塗りつぶし)ステインは、未処理の表面に塗布されることで、最高の機能性を発揮します。ソリッド(塗りつぶし)ステインは非浸透性であり、塗料のようにフィルムを形成します。最初に汚れ防止プライマーを塗布し、続いて100%アクリルラテックスベースのトップコートを塗布します。

自然な仕上げ

撥水剤

Outdoor Modern House With Family Cedar Siding 地面から離れて設置されたシダー材の場合、撥水剤および撥水防腐剤を塗布します。この配合物は、短期間の間、吸水性を低下させることができます。カビおよび腐朽菌の増殖を抑制する殺菌剤を使用することで、木材の耐久性をさらに高めることができます。

塗装前の単層前処理として、新しく外皮が取り除かれたシダー材にワックス含量の低い撥水防腐剤を塗布することで、水溶性抽出物の滲出による変色を減らすことができる場合があります。

半透明のステイン

半透明の染色は、ラテックスまたは油性のどちらも利用可能です。半透明のステインは、含まれている固形分が少ないため、すべての紫外線を遮断できず一部が表面まで達します。ラテックスのステインは表面に浸透せず、耐久性もありません。

注意

ラッカー、シェラック、ウレタン、ワニスなどの透明で非柔軟性のフィルム加工用仕上げ剤は、紫外線が透明フィルムを貫通して木材を損傷する可能性があるため、ウエスタンレッドシダーの外装用途には推奨されません。コーティングの回数にかかわらず、仕上げは最終的に脆くなってしまい、コーティングフィルムに亀裂が入り破損してしまいます。

変色

シダーの変色

ウエスタンレッドシダーは長期間にわたり様々な仕上げ剤を施すことができ、長持ちする木材として多大な評価を得ています。それにもかかわらず、仕上げ剤の通常の寿命は劣化および変色によって短くなります。劣化の原因については、前回のページをご覧ください。

変色の原因は、それ自体では仕上げ剤の剥離にはつながりませんが、対処が必要です。

 

汚れ

汚れは変色に対し最も無害で、問題になりません。通常、リン酸塩を使用しない中性洗剤溶液を使用した定期的な洗浄により、表面仕上げ剤を修復することができます。

カビ

カビは、染色真菌によって発生する塗料およびステインの変色の一般的な形です。再度ステインを行ってもカビの問題は解決されません。再仕上げの時期が来たら、中性漂白剤溶液(酸素漂白剤が好ましい)または市販のカビ除去剤を用いてカビを取り除きます。木材を完全に洗い流し、乾燥させた後、効果的な防かび剤を含むコーティングで再仕上します。

抽出物の流出

抽出物の流出による変色は、通常、水分によって発生します。抽出物のシミによる汚れを止めるには、水分源を除去する必要があります。軽度のシミは、数週間にわたって雨によって洗い流されます。シミが持続的に存在する屋根のある建物の部分では、シミは年月とともに濃くなり、取り除くのがより困難になることがあります。中性洗剤溶液による洗浄で効果がない場合は、市販の洗剤を使用してください。

鉄のシミ

鉄のシミは、錆による赤褐色の変色と、釘や他の金属物体とウェスタンレッドシダーの抽出物との反応によって発生する青黒い変色の2つの形で現れます。これらのシミを防ぐには、シダー材を取り付ける場合に、高温浸漬亜鉛メッキ、アルミニウムまたはステンレス鋼の釘のみを使用してください。

水のシミ

水のシミはしばしば抽出物の流出およびカビの成長と組み合わせて発生します。このシミは取り除くのが難しい場合があります。希シュウ酸溶液で木材を擦ると効果があることがあります。

注意:シュウ酸溶液は有害なので取り扱いに注意してください。安全の指示に従ってください。

チョーキング

チョーキングは塗料の劣化であり、シダー材は劣化していません。これは塗料フィルムが劣化し、顔料および劣化したヤニの粒子が塗料の表面に粉のように出現することにより発生します。チョーキングは、着色または着色した塗料の退色により引き起こされます。

工場仕上げ

外壁材とトリムの外装仕上げ 工場仕上げとプライマー加工

最適な性能を維持するために、WRCLAでは、ウエスタンレッドシダーの出荷前の事前プライマー加工または事前仕上げを推奨しています。工場でのプライマー加工は、その名前が示すように、機械コーティングプロセスで各板の6面すべてにコーティングが塗布されます。次いで、プライマー加工された外壁材とトリムボードは、作業現場に出荷される前に乾燥されます。作業現場に配達された、処理済みの外壁材やトリムボードは、設置まで乾燥した状態での保管が重要です。現場で切断した場合は、その切断面を取り付ける前にプライマーで再び塗布する必要があります。プライマーは、自然風化状態で90日間以上の露出に耐えられないため、トップコーティングはできるだけ迅速に完了させる必要があります。

工場仕上げ加工は上記の工程と同様ですが、建築家や住宅所有者の好みに合わせて、アクリルラテックス塗料の量や色合いを選ぶことができ、ソリッド(塗りつぶし)ステインまたは自然なステインのトップコートを1層または2層追加することができます。工場仕上げ加工の外壁材の取り付けには、周囲の木材やコーティングを損傷しないように、釘を貫通させないことが重要です。貫通してしまった釘穴は、外壁用の木用パテを穴に埋めて直ちに修復してください。

トップコートを汚さないように注意しながら、修復箇所や切断箇所を修正塗装してください。工場プライマー加工や仕上げ加工が適切に行われた場合、加工済みのシダー材には次の利点があります。

  • 各木材の6つの面(表、裏、先端)上で、プライマーやステインの均一なコーティング
  • 仕上げに必要な乾燥を可能にする環境
  • 日光に対する露出(UV劣化)やカビ、汚れから表面を保護する、コーティング加工された木材
  • 取り付け後の塗布ムラ、スジ、垂れの排除
  • 1年中いつでも製品を取り付け可能
  • コーティングの保証が付いた製品