持続可能性と環境

ウエスタンレッドシダーは人工の素材よりも美しく、汎用性に優れる木材として知られます。ですが、ウエスタンレッドシダーは見た目だけではありません。他にも多くの利点があります。例えば、ウエスタンレッドシダーが環境に与える影響はどうでしょうか?実は、住宅に天然木材を使うことは、地球にも自分の財布にも優しいことなのです。調査結果によると、ウエスタンレッドシダーは、鉄やコンクリート、合成素材よりも以下の点で優れていることが証明されています。

なぜウェスタンレッドシダーか?ーリアルシダーの利点

Cedar Branch Thumbnailエネルギー排出量

木材製品は、コンクリートや鉄鋼よりも生産の際のエネルギー消費がはるかに低くいのが特徴です。これは、木枠、鉄骨、コンクリートの住宅用の建築材それぞれを入手、製造、輸送、および設置する際に必要なエネルギー量を比較した調査にも裏付けられています。この調査結果から、木材がその他の素材と比較して全面的に環境的に優れていることを示しています。さらに、木材は自然な保温特性を持っているため、家の暖房や冷房においてさらに電気代の節約に繋がります。

リサイクルが可能

木材は、世界で唯一の再生可能な建築材料としてリサイクルできるだけでなく、再生も行われています。実際、木材生産者が過去数十年の間に伐採された樹木を補うために新しい木を植樹することで、1970年以来北アメリカの森林は20%増加しています。一方、人工の素材は分解することしかできないため、埋立地やオゾンホールの増加に繋がっています。

環境に対する影響

木材製品の製造は、主な人工素材の製造よりも、生成される毒素や温室効果ガスが大幅に少なくなります。つまり、木材は空気と水質への影響度が最も低い素材なのです。これは、リサイクルされた鋼の製造時と比較すると、その差は顕著な結果となります。また、森林再生により、二酸化炭素を取り込んで酸素を排出する量が増えるため、環境に有益な効果を与えます。

建物のエネルギー使用量の削減

北米で使用されているエネルギーの3分の1は、建物の冷暖房に使用されています。エネルギーのほとんどは、温室効果ガスを排出する再生不可能な化石燃料から作り出されるため、建物内のエネルギーの使用量を削減することにより、環境への影響を低減することができます。これは、低エネルギー照明や自然換気を使ったり、冷暖房の使用を最小限に抑えることで実現することができます。特に建物の材質と構造は、冷暖房の使用を最小限に抑えることに大きく影響します。

木材は他の素材と比較して非常に優れた断熱性があります。カナダの国立研究評議会、およびオークリッジ国立研究所で行われた実験では、軽金属造りの壁の有効熱抵抗(R値)の大幅な低下、エネルギー使用量の増加が見られます(図1)。一方で木造では、高い基準の断熱性が簡単に実現されています。実際、多くの北極用の建物で木材構造が採用されています。

また木造の場合、あらゆる面でエネルギー削減に繋がるため、木造の家屋、オフィス、学校、およびその他の商業用および工業用建物は、暖房と冷房のエネルギー使用量を抑えることに役立っています。

 

外部汚染と環境破壊の最小化

建物の設計で生じる環境への影響を考える際には、空気、水および土壌の品質への影響を考えることができます。これは、排水、固形物や化学薬品の廃棄物を最小限に抑えることだけでなく、建物で使用される材料の製造による汚染を最小限に抑えることも含まれます。

しかし、設計者にとって、使用する素材の抽出、製造、現場への輸送中に大気汚染や水質汚染を引き起こすかどうかは、建築作業とは別に離れた場所で行われるため、判断が困難です。コンクリートの製造においてCO2が排出され、製鉄の製造において有毒化学物質が水中に放出されることは知っていたとしても、これらの影響を評価する手段を持っていません。ですが、「ライフサイクル分析」という新しい科学を使うことで、設計者は素材が環境に及ぼす影響を評価して比較することができます。

実際にカナダでは、ATHENA™持続可能素材研究所(ATHENA™ Sustainable Materials Institute)が、建築物が環境に与える影響を評価するためのデータベースとコンピュータプログラムを開発しました。米国では、連邦政府がATHENA™持続可能素材研究所(ATHENA™Sustainable Materials Institute)率いるプロジェクトの第1段階に資金を提供しています。

ATHENA™のライフサイクル研究とヨーロッパの同等の研究により、木材は他の素材よりも空気、水または土壌の汚染を最小限に抑えるという、設計者の直感的な知識が実証されることになりました。この研究では、木材の使用によって得られる利点を以下のようにまとめています。

  • 鉄鋼またはコンクリートよりも温室効果ガスの排出量が少ない
  • 鉄鋼またはコンクリートよりも空気汚染が少ない
  • 鉄鋼またはコンクリートよりも水質汚染が少ない
  • 鉄鋼またはコンクリートよりも固形廃棄物が少ない

次のセクション「建築設計へのライフサイクル分析アプローチ」では、ライフサイクル分析についてより詳細な説明および、木質建材が他の主要建材と比較して環境への影響が最も低い理由について説明します。

総エネルギーの消費減少と資源の枯渇

総エネルギーには、材料の抽出、製造、輸送、および設置に使用されるすべての直接的および間接的に消費されるエネルギーが含まれます。この考え方では、設計者が管理する建築のプロセスだけでなく、材料の製造に使用されるエネルギーも含んだエネルギー消費減少を目的としています。これは、ライフサイクル分析が役立つもう一つの領域です。

木材の製造にはエネルギーがほとんど使われないため、遠くから運送されたとしても、地域で製造されたコンクリートよりも使用するエネルギー量は少なくなります。ライフサイクル分析の比較を見ることで、木材が最も総エネルギーの消費が少なく、この考え方に沿った優れた選択肢であることを示しています。

この考え方には、使用される資源の量、特に再生不可能な資源の使用量を減らすことで、資源の枯渇を減少させることも含まれます。

木材は再生可能な唯一の主要な建材で、カナダの管理された持続可能な森林から十分な量が供給されます。また新しい製造技術により、木のすべての部分を無駄にせず使用することが可能になっています。高度に加工された木製品では、成長の早い樹木を使っており、木材の大部分を使わずに強力な製品に仕上がっています。さらに、トラス構造などの設計構造を使うことで、建材の使用量を削減しながら、構造物を構成することが可能です。

また木材は耐久性にも優れています。そのため年月が経っても交換の必要がありません。ノルウェーの教会や日本の寺院は千年以上もの耐久性を誇ります。北アメリカでは、いまだに使用され続けている16世紀に建築された歴史的な木造建築物が多くあります。実は、エンパイア・ステート・ビルディングの基盤でさえ、木の杭に支えられているんです!

実際、木材は耐久性があるだけでなく、廃棄木材を再利用して建てられた新しい建物の例も多くあります。これは木材の消費量を削減する究極の方法です。たとえ新しい木材を使用した場合でも、木材には他の材料よりも多くの利点があるので、安心して使えます。木材は、再生可能な唯一の主要な建材であり、150年間伐採された後もカナダの森林基盤が豊かな理由にもなっています。木材は天然素材であり、生分解性があり、リサイクル可能で、カナダの管理された持続可能な森林にて伐採されます。

屋内の汚染と健康被害の最小化

この環境に優しい建物を建てる考え方には、屋内環境の健康についても考慮しています。

Hand holding a plant in soil木材は天然素材であり、木造建築には何世紀にもわたって実証済みの性能があります。そのため、(構造的で)機能的な用途に使えるだけでなく、その美しさから仕上げ材としても使うこともできます。木造は建築はその素晴らしい利点を発揮することができ、木材の床はほこりや微生物がたまりにくいことでも知られます。また、「はり」に使用される高度に加工された木製品では、アレルギーの原因とならない接着剤を使って作られています。

環境に優しい建築評価システムは、ますます色々なところで適用されています。木材は天然で再生可能な素材であり、環境に優しい建築評価でもその優れた性能が証明されています。カナダの木材は、環境に優しい建築評価の要件を満たしており、他の素材と比較してもあらゆる面で優れています。木材はエネルギー使用を削減し、屋外および屋内の汚染を最小限に抑え、持続可能な環境で生産される唯一の素材です。木材は、環境に安全でかつ安心できる住宅や建物を建築するために最適な選択肢と言えるでしょう。

ウェスタンレッドシダーの詳細情報

環境に優しい理由

ウェスタンレッドシダーが環境に優しいと言われる理由をご覧ください。

  • ウェスタンレッドシダー材で家を建てると、温室効果ガスの削減に貢献できます。ウェスタンレッドシダーは、他の木材製品と同様、空気や水質に与える影響度が最も低い建材です。また、木材は主な人工の建材に比べて、製造過程で発生する毒素や温室効果ガスがはるかに少ないことも特徴です。そして、森林の再生により新しい森林が成長するにつれて、取り込まれる二酸化炭素と、放出される酸素が増加します。このように全体的に見ても、ウェスタンレッドシダーは環境に優しいことが分かります。
  • ウェスタンレッドシダーはリサイクルが可能で、生分解性があります。レンガ、セメント、複合製品などの人工建材は木材のように自然に分解されません。人工建材の利用は、埋立地の山とオゾンホールの増加を加速させます。
  • ウェスタンレッドシダーは再生可能な資源です。木は世界で唯一再生可能な建材です。木材生産者が、過去数十年に渡って新しい木を植え替えてきたことにより、1970年以来北アメリカの森林が実際に20%増加しています。
  • ウェスタンレッドシダーは世界で最も持続性のある管理の整った森林から伐採されています。 ウェスタンレッドシダーはあらゆる面で環境に優しく、その事実は外部機関によっても認証されています。ウェスタンレッドシダーの大半が生産されるカナダのブリティッシュ・コロンビア州では、森林地帯の85%以上が、国際的な森林認証機関により、その責任ある森林管理が認証されています。
  • ウェスタンレッドシダーはエネルギーの消費量を減らします。木造は、コンクリートや鉄鋼よりも製造の際に必要とされるエネルギー量が大幅に少ないことが特徴です。これは、木造、鉄骨、コンクリートの住宅に必要な建材の入手、製造、輸送に必要なエネルギー量の比較を行った研究結果によっても裏付けられています。この研究により、木材がその他の建材と比較しても環境的に優れていることが証明されています。さらに、木材は天然の熱特性を持っています。木材は鉄やコンクリートよりも優れた熱伝導率、断熱性を持つため、家庭の冷暖房の電気代を節約することも可能です。

建材の比較

木材と他の建材の性能の違いをご覧ください

以下の表から、木材と他の建材で環境に与える影響度が大きく違うことが分かります。

木材 コンクリート
総エネルギー使用量 1番低い +140% +70%
温室効果ガス 1番低い +45% +81%
空気汚染 1番低い +42% +67%
水質汚染 1番低い +1900% +90%
固体廃棄物 1番低い +36% +96%
生態学的資源の利用 1番低い +16% +97%

出典:ATHENA™SUSTAINABLE MATERIALS INSTITUTE

ウェスタンレッドシダー森林製品認証

森林製品認証とは

ウエスタンレッドシダーと森林製品認証

certification stamp of approvalウエスタンレッドシダーの主な供給地であるブリティッシュ・コロンビア州の森林の85%以上が、第三者の国際的な森林認証機関によって認証を受けています。

評価では、生物多様性の保護、土壌、水質の保全を評価対象基準としています。その詳しい仕組みを見てみましょう。

評価 – ブリティッシュ・コロンビア州で森林を管理する企業は、政府が定める高い森林管理基準を満たすことが求められます。また、森林管理を行う企業は高レベルの第三者認証を取得しているため、世界基準の厳しい評価をクリアした責任のある森林管理を行っていることが分かります。

環境 – 森林は、生物多様性の保護や土壌、水質の保全を含む、厳密かつ測定可能で科学的な基準に従って評価されます。

ラベルと生産物流管理 – 森林製品には、環境に優しい製品で、物流管理に合格したことを示すラベルがつけられます。これにより、伐採されてから消費者に届くまでのプロセスでの木材製品の管理に役立っています。

主要な森林認証

アメリカおよびカナダにおける主な第三者森林認証

カナダは、第三者森林認証プログラムの開発と実施において世界的リーダーです。そのため、カナダのメーカー、特にブリティッシュ・コロンビア州のウェスタンレッドシーダーの製品であれば、最も厳しい持続可能性基準を満たしていることになります。以下は、世界で最も信頼されてい第三者認証機関です。

国際標準化機構(ISO)

ISO logo

環境マネジメントシステムを評価します。

ブリティッシュ・コロンビアの主要な森林管理会社のほとんどは、ISO14001国際環境基準認証を取得しています。

カナダ基準機関 (CSA)

CSA_canadian_design1市民会員が現地に適用する形で編集した国際的に認められた基準を使って、森林の管理と実績を評価しています。

製品ラベルと生産物流管理にも携わっています。

CSAは、欧州の製紙産業協議会から世界で最も優れた企業と評価されており、アメリカ森林・紙協会からは、「持続可能な林業イニシアチブ(SFI)」と同等の機能を持つ機関と述べられています。

2012年末時点で、ブリティッシュ・コロンビア州においてCSAに認定された土地は2,470万ヘクタール(6,100万エーカー)に達しました。

持続可能な林業イニシアチブ(SFI)

SFI Logo環境原理、目的、パフォーマンス指標、中核指標などの厳しい基準を用いて森林管理を評価します。

持続可能な森林委員会の指導を受けています。

そして、製品ラベルにも携わっています。

2012年末時点で、ブリティッシュ・コロンビア州においてSFIプログラムの認証を取得した土地は2,560万ヘクタール(6330万エーカー)です。

森林管理協議会(FSC)

fsc-logo現地の基準に合わせたた10の指針を用いて森林管理を評価します。

製品ラベルと生産物流管理に携わっています。

2012年末時点で、ブリティッシュ・コロンビア州においてFSC認証を取得した土地は240万ヘクタール(約590万エーカー)です。

アメリカン樹木農場システム

樹木農場は、土壌や水質の保全および野生生物の保護を含む、適切な森林管理を保証するために、検査と認証が行われています。

70年以上にわたり、ATFSでは、民間の森林所有者に森林の健康と生産性を維持するために必要なツールを提供することによって、アメリカの森林の品質を向上させてきました。

ATFSは、森林所有者、州および地方委員会および団体のボランティアメンバー、国家および州政府機関、林業者、林業コンサルタント、天然資源専門家、および民間企業を調査するネットワークを通じて管理されています。

CSA vs. SFI

CSAとFSIの基準の比較

以下の表は、カナダ標準協会と持続可能な林業イニシアチブの比較についてです。

カナダ基準機関
CSA – オンタリオ州、ミッシサウガ
持続可能な林業イニシアチブ
SFI – ワシントンDC
持続性のある森林管理 (SFM) 基準
  • CAN/CSA Z809 (1996年)
  • カナダ標準協議会(SCC)によってカナダの国家基準として承認されました。
  • SFIS (2010年-2014年)
標準開発プロセス
  • CSA SFM技術委員会、カナダ全般にわたるパブリックコンサルテーション、インプット、評価プロセス。
  • SCCの責任を負います。
  • SFI理事会のメンバーは、市民の意見よりSFI森林基準を定め実行し、SFI理事会のみが基準変更の権限を持ちます。
適用場所
  • カナダの森林区域
  • 国際的な森林区域
業績ベースの基準
  • カナダの森林大臣会議(CCFM)SFMの基準および重要要素により、最低限の実績レベルが決められています。
  • 一般市民参加のプロセスを通じて地域の状況に対応します。
  • 基準は、北方林と温帯林の持続性のある森林の管理における、国際的に認知されているモントリオールおよびヘルシンキプロセスが使われています。
  • SFI 2010-2014基準は、専門の林業者、自然保護者および科学者によって開発され、世論および関係者の意見も含まれて作られた、価値、目的、およびパフォーマンス評価をまとめたシステムです。
主要森林管理の標準要素 ISO 14001 システム要素
CCFM基準

  1. 生物多様性の保全
  2. 森林生態系の維持および強化
  3. 土壌と水資源の保全
  4. 世界の生態学サイクルへの森林生態系への貢献
  5. 社会への複数の利益
  6. 持続可能な発展に対する社会の責任の受け入れ
    これらの基準は、定義された森林地域に適合する21の重要な要素を用いてさらに詳細が説明されています。
14の指針

  1. 持続性のある林業
  2. 森林の生産性と健康
  3. 水資源の保護
  4. 生物多様性の保護
  5. 美観とレクリエーション
  6. 特別地区の保護
  7. 北米における責任あるSFI認証の実践
  8. 国外のSFI認証における不正なログインを含む、問題の根源の回避
  9. 法令遵守
  10. 調査
  11. 訓練および教育
  12. 公共関与
  13. 透明性
  14. 継続的な改善
法令遵守の要件 すべての法律、規制基準、ポリシー、解釈要件を満たすか、それを上回る遵守。 適用される連邦、州、州および地方の法律および規制を遵守。
市民の参加の有無 今までと同様またはそれ以上に市民が参加して、地域にとっての価値や目標、指標、目的を査定します。運営規模によって、市民の意見の聴取が行われる場合もあります。 SFI基準は定期的に市民によって見直され、最新の科学的情報を取り入れ、新たな問題に対応できるよう、継続的な改善が必要です。

ウエスタンレッドシダーの歴史

ウエスタンレッドシダーの長い歴史

ウエスタンレッドシダーの特徴およびその耐久性は、100年以上にわたって先住民の文化を守ってきました。

ブリティッシュコロンビア沿岸の原住民

アメリカ先住民に「生命の木」と名付けられ親しまれてきたウエスタンレッドシダーは、アメリカ先住民に何世紀にも渡って使用されてきた歴史を持つ木です。

シダーの樹皮と木材の最初の使用

ブリティッシュコロンビア沿岸に沿って、原住民は何千年もの間ウエスタンレッドシダーの樹皮を使用して縄、衣類およびカゴを作ってきました。木材は、カヌー、トーテムポール、マスク、長屋など、様々な目的で使用されました。また、アメリカ先住民は、屋根材に使うために生きている樹木から外樹皮の一部を切り取ったり、カヌーまたはトーテムポール用に切断する前に、木の健康を検査するために、木から長方形の穴を切り取りました。

遺産を保存するための共同作業

ファーストネーション(カナダの一部の先住民)の文化活動として、木を切り倒すことなく木の一部が使われた「文化的に修復された木」として知られる木がたくさんあります。この文化的に修復された木は1846年前から存在しており、今では古代遺跡として、遺産保護法のもと保護されています。森林運営会社では、先住民が伝統的・文化的用途に十分なウエスタンレッドシダーやその他の樹種が手に入るように配慮もしています。

このホームページに記載されている基準、グレード、その他の情報は、北米のデータに基づいたものです。国別のデータについては、地域の資料を参照いただくか、当協会までお問い合わせください。