ウエスタンレッドシダー 認証

森林製品認証とは

ウエスタンレッドシダーと森林製品認証

certification stamp of approvalウエスタンレッドシダーの主な供給地であるブリティッシュ・コロンビア州の森林の85%以上が、第三者の国際的な森林認証機関によって認証を受けています。

評価では、生物多様性の保護、土壌、水質の保全を評価対象基準としています。その詳しい仕組みを見てみましょう。

評価 – ブリティッシュ・コロンビア州で森林を管理する企業は、政府が定める高い森林管理基準を満たすことが求められます。また、森林管理を行う企業は高レベルの第三者認証を取得しているため、世界基準の厳しい評価をクリアした責任のある森林管理を行っていることが分かります。

環境 – 森林は、生物多様性の保護や土壌、水質の保全を含む、厳密かつ測定可能で科学的な基準に従って評価されます。

ラベルと生産物流管理 – 森林製品には、環境に優しい製品で、物流管理に合格したことを示すラベルがつけられます。これにより、伐採されてから消費者に届くまでのプロセスでの木材製品の管理に役立っています。

主要な森林認証

アメリカおよびカナダにおける主な第三者森林認証

カナダは、第三者森林認証プログラムの開発と実施において世界的リーダーです。そのため、カナダのメーカー、特にブリティッシュ・コロンビア州のウェスタンレッドシーダーの製品であれば、最も厳しい持続可能性基準を満たしていることになります。以下は、世界で最も信頼されてい第三者認証機関です。

国際標準化機構(ISO)

ISO logo

環境マネジメントシステムを評価します。

ブリティッシュ・コロンビアの主要な森林管理会社のほとんどは、ISO14001国際環境基準認証を取得しています。

カナダ基準機関 (CSA)

CSA_canadian_design1市民会員が現地に適用する形で編集した国際的に認められた基準を使って、森林の管理と実績を評価しています。

製品ラベルと生産物流管理にも携わっています。

CSAは、欧州の製紙産業協議会から世界で最も優れた企業と評価されており、アメリカ森林・紙協会からは、「持続可能な林業イニシアチブ(SFI)」と同等の機能を持つ機関と述べられています。

2012年末時点で、ブリティッシュ・コロンビア州においてCSAに認定された土地は2,470万ヘクタール(6,100万エーカー)に達しました。

持続可能な林業イニシアチブ(SFI)

SFI Logo環境原理、目的、パフォーマンス指標、中核指標などの厳しい基準を用いて森林管理を評価します。

持続可能な森林委員会の指導を受けています。

そして、製品ラベルにも携わっています。

2012年末時点で、ブリティッシュ・コロンビア州においてSFIプログラムの認証を取得した土地は2,560万ヘクタール(6330万エーカー)です。

森林管理協議会(FSC)

fsc-logo現地の基準に合わせたた10の指針を用いて森林管理を評価します。

製品ラベルと生産物流管理に携わっています。

2012年末時点で、ブリティッシュ・コロンビア州においてFSC認証を取得した土地は240万ヘクタール(約590万エーカー)です。

アメリカン樹木農場システム

樹木農場は、土壌や水質の保全および野生生物の保護を含む、適切な森林管理を保証するために、検査と認証が行われています。

70年以上にわたり、ATFSでは、民間の森林所有者に森林の健康と生産性を維持するために必要なツールを提供することによって、アメリカの森林の品質を向上させてきました。

ATFSは、森林所有者、州および地方委員会および団体のボランティアメンバー、国家および州政府機関、林業者、林業コンサルタント、天然資源専門家、および民間企業を調査するネットワークを通じて管理されています。

CSA vs. SFI

CSAとFSIの基準の比較

以下の表は、カナダ標準協会と持続可能な林業イニシアチブの比較についてです。

カナダ基準機関
CSA – オンタリオ州、ミッシサウガ
持続可能な林業イニシアチブ
SFI – ワシントンDC
持続性のある森林管理 (SFM) 基準
  • CAN/CSA Z809 (1996年)
  • カナダ標準協議会(SCC)によってカナダの国家基準として承認されました。
  • SFIS (2010年-2014年)
標準開発プロセス
  • CSA SFM技術委員会、カナダ全般にわたるパブリックコンサルテーション、インプット、評価プロセス。
  • SCCの責任を負います。
  • SFI理事会のメンバーは、市民の意見よりSFI森林基準を定め実行し、SFI理事会のみが基準変更の権限を持ちます。
適用場所
  • カナダの森林区域
  • 国際的な森林区域
業績ベースの基準
  • カナダの森林大臣会議(CCFM)SFMの基準および重要要素により、最低限の実績レベルが決められています。
  • 一般市民参加のプロセスを通じて地域の状況に対応します。
  • 基準は、北方林と温帯林の持続性のある森林の管理における、国際的に認知されているモントリオールおよびヘルシンキプロセスが使われています。
  • SFI 2010-2014基準は、専門の林業者、自然保護者および科学者によって開発され、世論および関係者の意見も含まれて作られた、価値、目的、およびパフォーマンス評価をまとめたシステムです。
主要森林管理の標準要素 ISO 14001 システム要素
CCFM基準

  1. 生物多様性の保全
  2. 森林生態系の維持および強化
  3. 土壌と水資源の保全
  4. 世界の生態学サイクルへの森林生態系への貢献
  5. 社会への複数の利益
  6. 持続可能な発展に対する社会の責任の受け入れ
    これらの基準は、定義された森林地域に適合する21の重要な要素を用いてさらに詳細が説明されています。
14の指針

  1. 持続性のある林業
  2. 森林の生産性と健康
  3. 水資源の保護
  4. 生物多様性の保護
  5. 美観とレクリエーション
  6. 特別地区の保護
  7. 北米における責任あるSFI認証の実践
  8. 国外のSFI認証における不正なログインを含む、問題の根源の回避
  9. 法令遵守
  10. 調査
  11. 訓練および教育
  12. 公共関与
  13. 透明性
  14. 継続的な改善
法令遵守の要件 すべての法律、規制基準、ポリシー、解釈要件を満たすか、それを上回る遵守。 適用される連邦、州、州および地方の法律および規制を遵守。
市民の参加の有無 今までと同様またはそれ以上に市民が参加して、地域にとっての価値や目標、指標、目的を査定します。運営規模によって、市民の意見の聴取が行われる場合もあります。 SFI基準は定期的に市民によって見直され、最新の科学的情報を取り入れ、新たな問題に対応できるよう、継続的な改善が必要です。